【サーフィンレポ】9月10日バーレーポイント





小波だけど楽しかった



 久しぶりに2時間もサーフィンしたんだけど、波に乗ったのってほんの9本だけだったんだよね。







バーレーポイント。 


波のサイズはムネカタくらいで、セット間が長くてタイミングによってはフラットにも見えるコンディションだった。

ほんとはd-bahまで行けばソリッドな波があるとは分かってたんだけどさ、30分寝坊してサンライズサーフィンのタイミングを逃してたからさ、行くのやめたんだよね。

だって混雑が始まるし、ぼくも仕事に行かなきゃでバタバタしそうだったから、それだったらバーレーでいいやってね。

バーレーヘッズでは厳密にゆうと永遠のビジターなんだけど、自分の中ではホームだと思ってるし、ローカルとバーレーポイントの波へのリスペクトがハンパないので、「波はしょぼいけどバーレーポイントととことん付き合おうか」ってゆう思いが湧き出てきたので、久しぶりにロックジャンプから入水したのだった。










ポイントブレイク。 


奥に行けば行くほど波はソリッドになり、サイズもアップするのがバーレーポイント。

一番奥はシャーキーズと呼ばれてて、テイクオフチューブからのロングライドが可能となる。

失敗すれば思いっきりぐるぐるに巻かれて、ボードが折れるんだけどね。

今朝もそこへ向かって必死のパドル。

最近パドリングが辛くて辛くてw

前回風邪をひいた時からを境目に、身体の調子が変わった気がするんだよね。

だから流れが少々でもある時は、辛いのなんのって。

波がでかくなったらどうすんだろう、こんなにひ弱になっちゃって。






BAMBAM 


やっと慣れてきた感があるここボード。

レールが入りやすいので、レールを意識したサーフィンがしやすくて、スムーズに波に乗れる。

特にトップターンでのレールの切り返しがやりやすく、スピードが落ちない。

人から見たらどうだか知らないけど、自分ではかなり調子のいいボードだと思うんだよね。

明日もいい波に乗れますように。





0 件のコメント :

コメントを投稿