【バーレーポイントの波】 ボトムの巻き上げで分からされた、レールサーフィンの大切さ。


夕方のニュースはいつもサーフィン





バーレーヘッズのサーフポイント。


バーレーポイント。

ここは波が小さくても大きくても、サーフィンが楽しいところである。






ヘッズの先に向かって行くにつれて波のブレイクがホレてくるので、基本的には中級者以上向けのサーフポイントであるが、ビーチの方は初心者でも大丈夫かなと思う。

まぁぼくはおすすめしないけどね。




バーレーの波ってホレてくるんだよね。


最近まではずっと小波が続いてたから忘れてたんだけどさ。

ずっとうねりもそんなに強くなかったので、フェイスは切り立つんだけどボトムはフラットとゆうイージーな波が続いていたんだ。

誰でも楽しめるファンウェーブって感じかな。

でも今日からは、南東からの強い風の影響で波が上がってきたんだ。

そしてさっそく波質が変わってきた。

今朝はまだめちゃくちゃ小さい波でイージーだったんだけど、うねりに強さを感じたね。

なんかこれからデカくなるぞって感じがした。

ぼくはヘッズの先の方の、ピークでホレた波に乗ったんだけど、久しぶりに分からされた感じだった。

ボトムに下りた瞬間にひっくり返されちゃったよ(笑)



ここの波って、ほんとボトムが巻いてくるんだ。

アタマくらいのサイズで、フェイスが切り立つ波があるとするじゃない?

ボトムがホレ上がるのと、フラットなのじゃ全く違ってくるんだよね。

ボトムがフラットならボトムターンも簡単だし、トップアクションからのリエントリーも余裕で決まる。

つまりメイクしやすい波なんだ。

これがホレてくると全く別物になる。

テイクオフしてボトムに下りたその瞬間に、足元がすくわれて思いっきり転ばされるんだ。

今朝はほんと油断していたのでこうなってしまったんだ。



Stretch donnyの出番です。







なんで油断してしまっていたのか?


それはこれまで、レールを使わないサーフィンをしていたからなんだ。

波のボトムがフラットだと、レールサーフィンをしなくても波の上を滑るように乗っていけるからね。

それって、めちゃくちゃ簡単にできるライディングなんだよね。

で、いざこうやってボトムがホレてくるいい波に乗ったら、レールが入れれなくて一気にひっくり返されちゃうんだ。

ほんとポイントブレイクってもんを分からされたって感じだったよ。



レールを使え!


対策

  • テイクオフした瞬間に、レールを入れてボウルになってるセクションを抜けてからボトムターンをするか。

  • テイクオフから真下に降りた時にフィンを刺して、その瞬間にレールを入れて乗っていくか。

どっちかである。





さてこれからサイクロンスウェルが入ってくる、ゴールドコースト。

デカ波になるのは嬉しいが、レールサーフィンをしないと乗りこなせない波になるってのを、今日の段階で思い出させてくれてよかった。

さぁレールを使って、大きなラインで乗っていこうか。

とりあえずワイプアウトしすぎのフラフラな頭でこう考えてみたのであった。

今回もどうか安全なサーフィンで、いっぱい挑戦できますように。






【サーファー必読書】
海が大好きな人の為の本。なぜぼくたちはサーフィンを続けたいのか?そこに共感できる言葉がたくさんあって最近人気です。









【身体は冷やさないように!】
冬のサーフィンを暖かく!暖めたい部分に塗ればOK!





















0 件のコメント :

コメントを投稿