【サーファー危機一髪】ゲッティングアウトで押し戻されたら、すぐ後ろは岩だった。


あまりまとまりがない波





土曜日のバーレーヘッズは混雑



週末はヤバすぎる。

キッズとおっちゃんおばちゃんに加えて、若いキレッキレのサーファーたちも集まってて、全然波が足りないんだ。

だからこうゆう時は、夜明け前からゲッティングアウトしたほうがいい。

波が上がってポイントブレイクがONの時は、ぼくは必ず夜明け前から行くようにしているんだ。











さて今日の波はオーバーヘッドといったところか。


今年最初のサイクロンの影響で波が上がり始めた。

今朝はまだそんなにデカ波ってほどじゃなかったんだけど、ロックからのエントリーがかなり厳しかった。

ちょうど満潮に向かってたとゆうこともあって、ぼくがロックジャンプするいつものスポットは、波打ち際バッシャーンになってた。

だから岩の上からジャンプしてエントリーするってのが、かなりハードだったんだよね。

ケガはしたくないし、ボードも壊したくないぼくはかなり慎重になってたんだけど、そこで躊躇していたぼくを横目に、先を急いでいたサーファーたちの何人かが岩に打ち上げられて、悲惨なことになっていた。

こうなってしまってはご臨終である(笑)

ボードが割れるか、フィンが折れるか、身体が傷だらけになるか。

どちらにしても絶対に避けたいアクシデントである。

とゆうことでぼくは、タラバジェラの方から入っていくことにしたのだ。


レアなゲッティングアウト


バーレーヘッズナショナルパークをパームビーチ側に入っていくと、河口が見えてくる。

その河口からゲッティングアウトできるのだ。

まぁここから入っていくときは、波がデカくて流れが強い時である。

だからハードコンディションだとゆうことには変わりないし、リスクは伴う。

実際ここから入っていく奴ってのは、バーレーローカルぐらいである。

ぼくは怖がりなんだけど、1発でゲッティングアウトしたいし、岩の上を転げまわりたくないってことで、ここから入っていったんだ。

見よう見まねで何とか挑戦。

波の引き際に、どんどん顔出してくるゴロゴロの岩をよけながらなんとか飛び込み、そして流れにのってアウトに向かって行ってたんだけど、ここで状況が一転してしまったんだ。









岩まで数メートル


急に入ってきたお化けセット。

オージーはこれをボムって呼ぶんだけど、これが強烈だったんだ。


スープの高さが頭くらいで水深が浅く、そしてブレイクはダブルぐらいのでっかい波が入ってきたんだ。

2,3発で終わると思ったら途切れずにずっと入って来て、完全にウォッシュアップされてしまったんだ。

ドルフィンスルーが効かなくて、何度ももみくちゃにされながら必死でパドリングしてたんだけど、ふと後ろを振り返った時に血の気が引いたね。

なんと巨人のようにそびえたつ大きな岩が、ぼくの数メートル後ろまで迫っていたんだ。

ここまでくると水深がグッと浅くなるから、めちゃくちゃ吸い込まれていくんだ。

どんだけパドリングしても全然前に進まないし、ドルフィンスルーをするたびに後ろに戻されていた。

大丈夫だとは思ったんだけど、心が折れそうにもなっていたのは事実(笑)

必死でパドリングしているのに、前に進まなくて岩に激突するかもしれないんだったら、この状況は運命なんだとあっさり腹をくくろうとしていた。

そんな自分に今だったら、「バカだなぁもっと頑張れよ」って言うところなのだが、あの時の状況は完全に、四面楚歌って感じだったのだ。

もうほんとサイクロンスウェルだよ。

これってデカい波に乗れる乗れない以前の問題で、ゲッティングアウトから生命の危機に立たされてしまったんだから。

この時ぼくは、必死の全力で腕をぐるぐる回していたんだが、一応冷静に考えることもできていた。



先に入ってた奴らはもう少し向こうの流れに乗ってアウトに出ていたじゃないか。ってことはここは思い切ってインサイドに入ってから、ロックのギリギリからアウトを目指すべきなんじゃないかな。



しかしそれもかなりリスキーで、もしも流れを読み間違えていたら、確実に岩に打ち上げられてずったぼろにされてしまっていただろう。

でもこの時はたぶん、バーレーの神様が味方してくれたんだと思う。

どれだけパドリングしても後ろに戻されていたエリアから、ほんの数十メートル移動しただけで、アウトまで出ることができたんだよね。

ここまでくると、ほんとあっとゆう間だったね。

あぁ流れを読むってこうゆうことなんだ。ってことに気づいた。

そして、あまり誰も入っていかないエントリー場所からのゲッティングアウトってやっぱりリスキーなんだなってことにも改めて気づいた(笑)

まぁ危ないことはするべきではないんだけど、でもどうしてもバーレーの波に乗りたかったんだからしょうがない。

ちょっとくらいのリスクを背負ってでも挑戦したいって思うのが、サイズアップした時のバーレーポイントの波なんだよね。







サイクロンスウェル2日目はうねりの勢いが増していた


まぁ無事にゲッティングアウトできた後は、ラッキーなことにいい波に乗れて自己最速記録も更新できたんだよね。

シャーキーズの奥から入って行けたから、セットのデカい奴に乗れたんだ。

だから良かった、思い切ってタラバジェラから入っていって。

さてこの波はゆっくりとサイズアップするみたいだね。

今日はオーバーヘッドぐらいだったのかな。

明日もいい波乗れますように。




Dawn patrolで計測中






【今日の天気図】
統計165度、南緯15度にある低気圧の恩恵を受けています。







【ツイッターで話題中のアレ】

インテリアにそっと忍ばせておける防犯カメラ。
電源プラグから半永久的に撮影できる、USBプラグタイプの小さいアイテム。
サーフボードや大事なものをしまってる部屋へ、防犯のために。









【サーファー必読書】
海が大好きな人の為の本。なぜぼくたちはサーフィンを続けたいのか?そこに共感できる言葉がたくさんあって最近人気です。









0 件のコメント :

コメントを投稿