タッチスパーといえど。







ジムでのトレーニングの事。

いつものボクシングジムに通い始めて2年半になろうとしている。

のんびりマイペースでやってるのだが、どちらかとゆうと長くいるメンバーの一人になってきた。



顔なじみも増えてきたり、あまり話したりとかはしないけど、誰がどの程度のボクサーレベルか分かるようになってきたし、向こうもぼくがどんなレベルなのか分かっているような感じだ。

それぞれレベルやボクシングトレーニングの目的が違ったりするけど、色んな奴がいてなかなか飽きないジムなので、みんなにおススメしているくらいなのだ。

ちなみにぼくはサーフィンの向上を目的にボクシングを取り入れてるので、基本的には戦わない平和主義者ボクサーだ(笑)




今回のトレーニングでぼくが一緒に打ち合いをしたのは、推定体重80キロのカーンと高校生のマフューである。

彼らはぼくと同じようにここに長く通っていて、スパーリングはできるくらいのレベルだ。

あ、カーンは結構強いんだった。。





まぁ打ち合いと言ってもタッチスパーだったので、相手に与えるダメージは一切無く安全なトレーニングの一つ。


タッチスパーってグローブで相手の身体に触れる程度のコンタクトなので、そんなにガードを意識しなくてもOKやし、お互いのパンチがどんどん飛び交うといった感じで楽しいのだ。




まずはカーンとのラウンド。

彼の背はぼくよりずっと高く、身体もゴツイので威圧感が半端ない。

タッチスパーだから打ちのめされる心配が全くないので、ぼくは相手の懐にすっぽり入って打ち合いを楽しんだ。

まぁリーチの差があるから近寄らざるを得なかったのだ。




しかしカーンが打ってくるパンチはバンバン当たって、しかもガッツリ重い。

タッチスパーなのになかなかのやつを打ってくるから、こっちも段々と強く打ち返すようになってくる。


そうなってくるとお互い引かずに、ただの打ち合いになってきて、ボディーとか肩を打たれてけっこうへにょへにょになってしまった。


ぼくもまぁまぁ強いのを打ったりしたんだが、効かないので最後の方は構うことなく全力で打ってやったけどね(笑)


まぁボディーオンリーの練習だったから良かったけど、顔面もありだったらぼくはぶっ倒れてたかもしれないね。







そして2分が過ぎてパートナーチェンジ。

次に現れたのは、まだ幼さが残る16歳マフュー。

背はぼくと同じくらいだけど、体重はたぶん10キロは軽いと思う。

まだ筋肉もガッツリある訳じゃないので、細くて弱々しくも見える。

ゴングが鳴ってからすぐに、お互いいい感じで打ち合った。

もちろんタッチなので軽くやけどね。



すると何を思ったのか、ぼくが手加減してやってるように思ったのかなぁ。

ちょっと食い気味で、もっと強めに打って来いと言ってくるではないか。

「ええんかいな。ほんまに。。。」

と思ったがやるしかない。



20歳も年下の子に打ち込むのは気が憚れたが、こうなったら男同士の戦いだ。

遠慮なくボディーをガンガン打ち込んでみた。



どうなるかと思ったら、相手は以外にも全然打ち返してこないではないか。。。



あれ?と思いながらも、もう少しガンガン打ち込んでみたり、彼のパンチを交わしたりして盛り上げようと頑張ってみた。


自分で言っときながら、全然強いのを打ち返して来ないので変だなぁと思った。

「なぁ、大丈夫か?」

と声を掛けてみると全く何ともありませんよ~みたいな顔してくる。

しかももっとちゃんと打てとか言って来るではないか。


「なんやこっちのパンチが弱すぎるんかなぁ」

て思ったんで、数を増やして遠慮なく打って打って打ちまくった!!



そしてちょっと空いてる隙間を狙って、ボディーに「ボン!!」ってな感じでやってたんだけど、

これっておっさんが子供をイジメてるだけちゃうの??




一部始終を見てたコーチからも打ち過ぎやって注意されるし。。。


なんなんや。。


やりすぎてもうたみたいや。。。


なんでもムキになったらあかんねぇ。






推定80キロのカーンはめっちゃ重いパンチを容赦なく打ち込んでくるし、高校生ボクサーマフューは打ってこいと怒っときながら、打ち返して来ないから注意受けたし。。。




まともにタッチスパー出来る奴おらんのかいな。。。