キーワードで検索

バーレーでサーフィン+勝つためのコンペに向かってサーフトレーニング





コンペに勝つ!なんてゆうブログタイトルが重く感じるくらい、二日酔いな朝を迎えてしまった。

アニパーでサーフィンしようとビーチでウォームアップしているところで、オンショアが一気にビルドアップしてしまいコンディションが悪化。




乗れる波も無さそうだったのでバーレーに移動した。

ここだったらポイントブレイクだから、少々のオンショアを食らってても乗れる波はたくさんあるのだ。

波のサイズは2ftといったところかな。トレードウィンドスウェルなのでパワーは無い。しかし乗ればしっかり走って行けるといった感じ。

チョロチョロ乗って小一時間で上がった。


Gopro撮影もやったので家に戻ってチェック。毎回代り映えしない自分のライディングに見飽きてきた。何をどう変えれば自分のサーフィンが良くなっていくのか全く分からないのでとりあえずこの件はそっとしておくことにした。

ちなみにこの動画を見たダイキからは「もっと刻みましょう」って言われたが、どうゆうことなんだろうな??




サンシャインコーストでサーフィントレーナーの勉強中であるダイキのブログはこちら

サーフィンとトレーニングを"イチ"から学ぶ





今日のトレーニングメニュー(全て3セットづつ)


  • ボールを持ってショルダーブリッジ 12から16回
膝でボールを挟む。ボールを膝でお互いに押しながら腰を上げる。その時にまず、肛門を閉めるのがポイント。 お腹に力を入れてはいけない。手はお腹に置いて、肘で床を支えても良し、手のひらを床においても良しとする。
  • ニーリフトサイドウェイ 10から12回
片足づつ開いたり閉じたりする。股関節の動きに意識をおく。


  • ニーリフト 片足づつ10から12回
膝を上げ時に肛門を閉め、お腹に力が入らないように足を上げるのがポイント。もし力が入る場合は肛門を閉めるのを心掛けてること。 手はお腹に置いても床に置いても良しとする。

  • マウンテンクライマー 最初の10回ゆっくり、連続して10回スピードを上げる
最初の10回はゆっくりと膝を胸に向かって蹴るように持って行く。11回目からは可能な限りスピードアップする。 最低3セット、最高5セットまで行う事。
  • エクスプローシブプッシュアップ
腕立ての態勢からジャンプ 8から10回
  • リバースランジトゥイスト 8から12回
  • プランクフィートアップ 片足ずつ 5回

このトレーニングは多少は知ってるんだけど、身体が覚えてないのでいちいち動作を確かめながらやらなきゃいけなくて、それで思いっきりは出来なかった。

パーソナルトレーナーのダイキに伝えた、今日の自分なりのレベルは4くらい。

本当はレベル6-8でやってくれって言われてたんだけど、トレーニングってモチベーションを上げていくのが難しいよね。

一人でやってたらもうダメだと思う5歩手前でやめちゃうもんね(笑)

そんなこんなで明日もあります。

0 件のコメント :

コメントを投稿