レトリックカップ2015 パート18 ~ぼくの夏休みはここにあった~










日本のプロサーファーがぼくらと同じ大会で戦う!?


またあのあっつーい夏が戻ってきたよ!
抜けるような青空が広がる、ぼくらが大好きな真夏日の日曜日。
3月1日ブロードビーチのアニマルパークでは、ゴールドコースト最大の日本人サーフィン大会
レトリックカップがブーロードで行われた。

前日ぼくがエントリーをしに行った時のレトリックのKAZさんによると、告知が遅れたせいであまり人が集まらないかもと言っていたが、当日の朝になってみると、いつもは静かなアニパーのビーチには似合わないほどの、大勢の人人人で溢れかえっていた。

そしてこのサーフィン大会を長い間運営されてるレトリックのShinさん、Kazさん、Teppeiさんの素晴らしいオーガナイズのお蔭で、この日の一日はとても楽しい時間となり、笑顔と笑いが溢れかえったレトリックカップとなった。



プロアマクラスでは、和光大や新井洋人、Hinata Aizawaといったスターオーラ満載の選手を筆頭に、ローカル日本人の強豪たちが彼らに戦いを挑んでいく姿を見れるとゆうのが会場をより盛り上げ、みんなのいい刺激になったんじゃないかな。

ミーハーなぼくも普段雑誌や動画で見るプロの生サーフィンにとても興奮した。

この日は途中で試合を一時中断して、先日シャークアタックで亡くなったタダシさんへの追悼の意がこの大会の主催者レトリックサーフのShinさん、そしてFirewireのネブハイマン(タダシさんがこの大会で優勝をしてた頃、Nev cupとゆう名前でやってて、ネブハイマンはNev surfboardのシェーパー)によって表された。


波のコンディションとしてはまずまずのサイズで、初心者やキッズが楽しくサーフ出来る感じだった。ここ最近の天気からは予想がつかないほどの気温の高さで、日陰にいないと干からびてしまうほど暑かった。

ぼくはGazebo(ガゼボー、屋台のテント)を建てて快適な場所を作ったので、友人たちと楽しく過ごせたし、途中で長女のリオが義妹のユッキーと応援に来てくれた時ものんびりできたのでガゼボーをたててよかったと思った。



ぼくがエントリーしたのはオープンクラス。最近密かに悩んでる腰痛を隠しながらも、順調にコマを進めた。3R目となるクォーターファイナルでかつての上司のこごろーさんと、シドニーの料理人よういち(同じ名前でややこしいねー)ともう一人は初めて会った笑顔が男前の青年だった。その人たちと対決することとなり、とてもエキサイトした。



それまでしょぼ波のせいでインサイドでやってたけど、このぼくらのヒートの少し前からアウトで割れるようになってきた。15分ヒートでビーチスタートってかなり過酷。
だってパドルアウトで4分はかかるし、息を整えるので1分。あと10分で波に乗らなきゃいけないのだ。

しかしこごろーさんがアウトに出た瞬間にしょぼなみに乗って「ぴしゃっ!」っとちっちゃなターンをしたのには参ったな。「そんな小波で点数取ろうとしたらあかんやーん」って叫んだけど聞こえなかったみたい(笑)

結局みんなそれなりにしかいい波がやってこなくどっこいどっこいの結果となり、シドニーの料理人とかつての上司が次のステージへ進んでいった。





ランチ前に行われたタダシさんの追悼パドルアウトは会場にいたサーファー全員と、この為にやってきた友人たちと共に行われた。なんか何十人ものサーファーが一斉にパドルアウトするのは初めての経験だったので、不謹慎にも楽しいと思ってしまった。

ネブハイマンが事前に指示したミドルセクションの地形が深くなってるところにみんな集まり、手をつなぎ、一つの輪を作った。
その瞬間、そこには沢山のポジティブエナジーが溢れ、海の持つパワーと人間の持つパワーが重なり合い、とても素敵な雰囲気だった。

きっとタダシさんの所にもみんなの声が聞こえたと思うな。


試合がどんどん進み、どのクラスもファイナルが近づいていくと、もうこのレトリックカップも終わりに近づいてきたなぁと感じる。

朝が早かったのでもう家に帰って昼寝をしようかなぁと思ったり、まだまだこの楽しい時間が終わってほしくないなぁと思ったり。

周りのみんなも同じだったんじゃないかな。いつまでも尽きない話に盛り上がっていたりして、なかなか帰ろうとしない人達が残って最後まで会場が盛り上がっていた。

ぼくが毎年レトリックカップに出る理由はもちろん試合に勝ってその勝利に酔いしれたい気持ちと、この夏祭りのようないつまでも続いてほしい楽しい時間に浸っていたいからだ。

サーフィンとゆうものをきっかけにこれだけたくさんの日本人が集まって笑顔と笑いが絶えない時間は、ここゴールドコーストではなかなか見かけることがない。

また来年、次は優勝を狙うし、そこに集まるみんなの変わらない元気な笑顔に会えるといいな。

キーワードで検索