洗礼で幕を開けたぼくのサーフィンライフ2002年 ~Snapper rocksで岩に激突!?~



洗礼を受けた22歳のワーホリ少年





A to Z Australiaのホームページから引っ張って来た海に入る直前の写真






ゴールドコーストに来て、最初にサーフィンした場所はスナッパーロックスだった。

超初心者がいきなり入れるポイントではないけど、たぶん今思えばサーフィンの神様に導かれたんだと勝手に思っている(笑)


ブリスベン空港へ到着



オーストラリアに初上陸したのは2002年10月14日の朝。

ブリスベン空港に到着すると、ワーホリエージェントのA to Z AustraliaのSOHさんが迎えに来てくれた。

そして確か数時間後の午前10時半くらいには、スナッパーロックスにいたと思う。

普通なら、日本からの長時間のフライト後なのでリラックスしたいところなのだが、ゴールドコーストではサーフィンをする、と決めていたのでとにかく海に行きたかったのだ。


その日のゴールドコーストは雲一つない真っ青な空が広がっていて、とても暑くて風も強かった日かな。


当時のぼくのレベルは超初心者で、まだ10回も海に入ってなかったんじゃないかとゆう記憶がある。

そんなレベルだったからサーフィンの事は何も分かってなく、ただただ波乗りがしたいってゆう情熱だけで、波乗りの聖地までたどり着いたってゆう感じだった。

そんなぼくは、波のコンディションの事など全く気にならずに、とにかく気持ちが進むまま海に入った。


スナッパーロックスと言えば、ワールドツアーの第一戦が開催される有名なポイントで、初心者がいきなり入るようなところではないはず。

それなのに超初心者だったぼくがズカズカと、あほみたいな顔して入っていったのは、やっぱり若い時の勢いがあったんじゃないかなと、今ならそう思う。


スナッパーロックスで初サーフィン



その日のサイズはアタマ位あって、オンショアがビュービューのハードなコンディションだった。

見よう見まねでロックの横からそーっとエントリーしてみたものの、あっとゆうまに左へ流されて行ってアウトには出れなかった。

ビーチを走って戻って来て、同じところからエントリーしてもまた流されてしまうとゆう事態に、頭がカーッとなっていた(笑)

当然だけど、ぼくのパドル力ではカレントに逆らう事など不可能だったのだ。


ちょっと冷静になってオージー達を見てみると、みんなロックの上をピョコピョコ歩いて行って、波の手前でジャンプして入水しているのを発見した。

「あれだったら余裕」

と、そのロックダイブの怖さも知らずに、ただローカルサーファーの後ろをついていったのだ。


のこぎりみたいなギザギザが無数に入ったロックの上は、素足で歩くと痛すぎて涙がちょちょぎれた。

ローカルはツカツカ歩いてたけど、ぼくは画びょう地獄の上を歩いてる気分だった。


水面よりも高いロックの上からみる景色は最高で、しかもピークは目と鼻の先にあって、余裕でゲッティングアウトできる距離に見えて、ぼくは余裕の笑顔を浮かべた。


ぼくも他のサーファーと同じように、でもタイミングも何も考えないでピョンと前に飛んで入水した。



それからあっとゆう間に波がどんどん目の前で割れてきて、ドルフィンスルーが効かずにもみくちゃにされた。

必死でパドルしてたけど、気が付いたらまたさっきと同じように流されていた。

数回繰り返しても結果は同じで流されていく。

またもや頭がカーッと熱くなり、やけくそになった。

「左に流されてしまうなら右の方から飛んでしまえ」


そんなグッドアイディアは、すぐに実行しないと気が済まなかった22歳のぼく。

波がガンガン打ち寄せるロックの上に立って、勝ち誇った気分でジャンプした。


案外余裕で入水できたと思ったのも一瞬で、気が付いたらぼくのすぐ後ろにはギザギザのロックが迫って来ていたのだ。

つまり波に押し戻されたって事だ。



岩に打ち上げられた時には「ここで死んじゃうのかと思った」




ヤバいヤバい!と思っても大自然の脅威を前にしてテンパってどうすることもできない。

そしてその次の瞬間には。


「ゴン!ゴン!ガン!ガン!」

とぼくの身体はロックに激突しまくっていたのである。

「せっかくオーストラリアにたどり着いたのに、もうここで死んでしまうのか??」

本気でそんな思いが頭をよぎってパニックになったのだった。



そして本当に何も知らなかったぼくは、パドルで沖に向かうことをせずに、海からロックに向かってよじ登ろうとしていたのだが、それも良くなかったみたいなのだ。



ガンガンに打ち付けてくる波の衝撃で、ぼくの身体はロックの上を転げまわり、気が付いたらサーフボードなんぞとっくの昔に手から放していた。




もちろんサーフボードはズタボロで、身体も傷だらけになっていた。

まぁそのサーフボードを貸してくれたSOHさんには、申し訳なかったけどね。





当時22歳だったぼくはそんなことで懲りるはずもなく、次の日も海に入っていたのだから、やっぱりサーフィンが好きなんだと思う。


ゴールドコーストの洗礼を受けた。

それでもぼくはサーフィンを諦めるどころか、その後も毎日毎日海に入ってた。



まぁそうゆう経験があったおかげなのか、その後波に対して恐怖心を感じることは一切なくなった。

どんなに大きな波でも誰かが入ってるなら、ぼくも躊躇なく入れるようになったのは、この洗礼のお陰だと思っている。




いつも夏が始まる時期になると、ゴールドコーストで始まったぼくのサーフィンライフ、洗礼を受けたあの初日を思い出すのである。







【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!














キーワードで検索