【サーフィンレポ】バーレーヘッズは今日もチュービーコンディション。やっと入れたのはほんの数秒間だった。





チューブライドに挑戦中



バーレーは昨日に引き続き、4-5ftもあるチュービーコンディション。

大雨が降ってたのでかなり空いてて、ゆっくりと波を選べると思い安心してパドルアウトしたんだけど、やっぱりバーレーの波はヤバい。自分が簡単に乗れる波なんて全然無かったよ。






パーリングもワイプアウトも、水中でのもみくちゃ具合が半端じゃなくて、がっちり掴んでるボードが吹っ飛ばされ手から離れて、身体が海底に叩きつけられるとゆうのを20回くらいはやってしまった。

Goproも吹っ飛ばされてボードのリーシュと絡まってぐっちゃぐちゃ。

危険すぎてめちゃくちゃビビってたんだけど、波を知ってる奴らはキレイに抜けて来るんだよね。

だから本当は危険な波では無いはず。




ぼくがキレイに入れたチューブはこの動画。ほんの一瞬なんだけど、ワイプアウトするまでは中でしっかり走ってたのだ。



波に合ったボード選びって大事なんだけど、それって簡単じゃないよね。バーレーのエクセレントブレイク用にアランバーンの6′8に乗ってみてるんだけど、ちょっと違ったみたい。

テイクオフしてから体重が乗るまでにちょっと遅れちゃうから、ソリッドなピークから乗れないんだよね。

パワーがあってせり上がってくるウォールに、レールがしっかり入ってしかも敏感なコントロールがしやすいボードが欲しい。

テールはピンかラウンドピンがいいかな。そして長さは6′2くらいにしようかな。

あとはロッカーやレール形状も関係してくるんだけど、そこら辺はよく分からん。

とにかくバーレーの波を攻略できるボードを見つけない事には、どうにもならないとゆうことが分かってきた今日この頃である。


0 件のコメント :

コメントを投稿