ミックファニング、シャークアタックから生還の瞬間。〜J-bay open〜







7月19日 日曜日 南アフリカ ジェフェリーズベイ



一瞬何が起きたのかさっぱり分からなかったけど、ミックが無事なのが本当に良かった。

その瞬間ぼくはベッドの中でiPhone片手にJ Bay openを見ていたのだった。

ちょうどファイナルヒートがやってて、「おぉミックのヒートやなぁ〜ラッキー」とか思って、見ながらこのまま寝てやろうかなみたいな。

隣で奥さん寝てるから音消して見てたけど、突然黒いフィンが現れてミックがビックリして一緒に水の中に潜ったから、ぼくはてっきり「ミックがイルカと仲良く泳いでるのか?」とか思った。




次にセットが来てカメラから姿が見えにくくなってもミックがバタバタと慌ててるのが見えて、「え?何なん?シャーク?」と思った。

奥さんを起こしたくなくて、携帯の音消してたからアナウンスが全く聞こえず映像のみの判断だったので最初は何が起きてるのか分からず。

だから実際はベッドの中でのほほんと見てた感じだった。

すぐにジェットスキーがミックをピックアップしに行って、そのまま大会は一時中断した。

ボートの上のインタビューではちょっと笑ってたミックだったけど、陸に上がってきてからのミックは本当に怖かったみたいな事しか言ってなかったから、ぼくもその恐怖を感じてしまったよ。



最後にはゴールドコーストの家族や友達に向けて無事でいる事のメッセージを伝えてたけど、その少し前からやっぱり涙出てたのが見えた。

本当に何事も無くて良かったってミックも思ったんだろうな。




海から上がって来たミックをケリーが抱きしめている





J-Bay openはキャンセル


この間はバリナでまたシャークアタックが起きてたけど、翌日にはそこからちょっと離れたレノックスヘッドで普通にグロムのコンペを開催しちゃってた事に驚いていたところだったんだけど、今回のJ-bayでのシャーク事件でWSLはどうゆう展開に持って行くのかなって気になったのはぼくだけではないはず。

今回のJ-Bay openはこのままキャンセルになってホッとしたなぁ。



【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!