キーワードで検索

Happy Australia Day




 

太陽の下で楽しむオーストラリアデー


 1788年1月26日に初代総督アーサー・フィリップがシドニー湾に上陸し、豪州が正式に英国領となった日を祝うAustralia Day。

オージーがどの程度この歴史の事を知って重んじてるのか全く知る由もないが、ぼくが知る限りでは、「Happy Australian Day」と大声を張り上げ騒ぎ立て、ビーチや公園でBBQしながらお祝いを目いっぱい楽しむ日となっている。




ぼくの家の前のビーチでは見たこともないくらい大きな国旗を2つも砂浜に突き刺して、サーフィン&ビーチピクニックを楽しんでいたグループがいた。

道路に面した角の家では、若者20人以上が集まってガレージの前でBBQ。帽子にTシャツ、水着までもが国旗がプリントされているものを身に付けて、そこを通り過ぎる車がクラクションを鳴らす度にみんなが「Yeah~!!」と歓声を上げていたので、とても賑やかだった。

うちでも友人や子供たちと一緒にソーセージやダンパーを食べながら、午前中からお酒を飲んでオーストラリアデーを楽しんだ。





素直に自分の国が好きって思う気持ち



移住先の国のお祝いをしながらも、そういえば母国はどうなってたっけ?って思ったりした。日本にいた頃って建国記念日に何かお祝いしたり、その日の事について考えたりしたことあったっけ?日の丸を掲げたりすることにちょっと落ち着かない気持ちになるのは、周りもそうゆう雰囲気だったからしょうがないかなって思うけど、ここでこうやってオージーと一緒に建国記念日を祝ってると、素直にもっとこの国の事を大切に思えるよね。色々お国柄の違いってものがあるのは分かってるけど、日本でも建国記念日にみんなが楽しめるような空気になればいいね。



Photo by australiaresorts.us
 www.goldcoastbulletin.com.au

0 件のコメント :

コメントを投稿