キーワードで検索

Amazonギフト券を支払いに使ってみた




支払いでAmazonギフト券を!?



ようやくぼくのブログSpirit Kooksのリニューアル作業が一段落した。ぼくのわがままをたっぷり聞いて、A to Zまで手掛けてくださった、ふりむけばコウホウとゆうサイトを運営されているSaijoさんには感謝の気持ちでいっぱいだ。

少額だったがお代をお支払いさせてもらった。そしてその時に使ったのがアマゾンギフト券とゆうものだが、その役割が実に興味深かった。

海外から日本への支払い手段としても便利だと感じたので、紹介したいと思う。







アマゾンギフト券とは?



アマゾンギフト券とゆうのは、Amazonで使う事が出来る商品券の事。

デジタルタイプと配送タイプがある。

ぼくが使ったのはデジタルタイプのほうだ。

E-メールタイプAmazonギフト券とゆうもので、指定のメールアドレスに送付するタイプ。注文から通常約5分でデータが届き、最長1年先まで予約可能となっている。

自由に金額設定ができ、15円から50万円まで1円単位で設定できるのだ。


これはE-mailを使って、自分と相手の名前や住所を教え合わなくても取引ができるとゆう優れものなので、秘密の取引にも使えるかもね(笑)


海外送金よりもAmazonギフト券のほうが便利で簡単


今回ぼくのケースはとゆうと、ブログをリニューアルしてもらい、独自ドメインを設定してもらって、Spirit Kooksを世界最強なブログにグレードアップしてもらったので、それの支払いにアマゾンギフト券を使ったとゆう事。

ぼくはオーストラリアに住んでいるし、Saijoさんは日本なので普通にお金を払おうと思ったら海外送金しなければならないでしょ。

それって手間が掛かるし、手数料も嫌になるほど高いものだし、お互いの住所や本名までもきちんと見せ合う必要が出てくるけど、このやり方だとそれがなくて軽い気持ちでできたのが良かった。


それにAmazonでは最新のコンピューターやカメラから、お酒や子供のおむつま、何でも揃ってるので、このギフト券を受け取ってもお金と同じように考えてもいいとぼくは思ったのだ。



間違ったメールアドレスに送ってしまった

アマゾンギフト券はアマゾンのサイトからたった5分位の簡単な操作で、相手のE-mailに送ることができるとゆう手軽さゆえに、ついつい油断してミスをしてしまったのだ。

寝起きで作業してたこともあり、なんと相手のE-mailアドレスを打ち間違えていたようで、Saijoさんに確認のメールを入れたところ届いてないとのことだった。

通常アマゾンギフト券は注文完了から約5分でお届けとゆうことなので、すぐに自分のアマゾンのアカウントで確認したところ、やはり間違いだと分かったのだ。

すぐに新しいのを送り直して、Saijoさんへの無礼はなんとか最小に抑えることができたが、最初に送ってしまったほうはどうなるのかと不安だったがなんとか大丈夫だった。

このAmazonギフト券E-mailで送った場合、相手が受け取った事を確認して簡単な手順を踏む必要があるのだが、それが済むまでは違うメールアドレスに送り返ることが出来るとゆうことだった。

このようなケースの場合でも簡単な作業で送り直すことができて、特にトラブルになることは無かったので、安全に利用できる簡単な支払いの手段の一つとして、提案したいと思った次第である。