【まもなく公開】SOLOSHOTでサーフィンの撮影前にロケーション確認







ロケハンやつだな


今朝は波が無いってのもあるんだけど、SOLOSHOTでの撮影準備をしておこうとゆうことで、行ってまいりましたサニーデッキポイント。

ここはMNMの本拠地だから、試合の撮影もここでするだろうし、なにより地元だから安心できる。

さすがにこんな高価なものをビーチに置いたままで、サーフィンにはいけないからね。

ってまぁそれを言っちゃうと、あれだけどな。

だって撮影者が居なくても、自分のサーフィンが撮れるってのがこのカメラのウリなのに、「カメラを置き去りにするのは不安だ」なんておかしいよな。

今日はそういったところも全部含めてとゆうか、実際にサーフィンの撮影が始まるって時に、どんなローケーションを選び、何を準備しておくべきかってのを確認するために行ってきたのだ。

結論からいうと、サニーデッキからでもSOLOSHOTは追いかけてくれた

ネットで色んな人のレビューとか見てると、SOLOSHOTでのサーフィン撮影はビーチに置かなきゃならない、みたいなことを書いてたからどうなんだろうって思ってたんだけど、サニーデッキのようなちょっと高い位置からでも大丈夫そうだ。









ぼくがこのSOLOSHOTを買ったことをブログやSNSで公表してからとゆうもの、「盗まれちゃうんじゃないの?」とゆう声が相次いでいる。

それは大丈夫だろうと思ってたんだけど、実際にカメラを置いたままその場を離れてみると、心細いったらありゃしなかった。

盗む人がいるとは思わないが、無防備に置いていると「あ、捨ててあるから持って行こう」と考えるアホもいるかもしれない。


三脚で撮影中のカメラがあって、誰もそこにいなかったら「俺が持っていかなくても、他の人が持ってくだろうから、だから俺が持っていくんだよ」とゆう理屈を出してきかねない。

この点についての対策は、
鎖を付けてサニーデッキに結ぶ。
撮影中なので触らないでとゆう注意書きを付ける。

ってなことを考えている。



View this post on Instagram

A post shared by Yoichi Kurokawa (@yoichikurokawa) on






もう一つ気になった点は、
犬が近づいてきておしっこかけたり、体当たりしてカメラを倒すかも知れない。

ゴールドコーストって犬飼ってる人がめっちゃくちゃ多くて、特に朝のビーチは散歩犬だらけだからちょっと怖いなって思った。

この点の対策については、天に祈るしか無いと思ってる

犬に近寄るななんて言ったら、「オメェがこんなとこに置いてるからいけないんだろ!」と飼い主は言ってくるに違いない、オージーってそうゆう奴らだから。

さてサニーデッキから撮影できそうだとゆうのは分かったし、盗難対策も鎖と注意書きで大丈夫だろうと思われる。

あとは奥さんに見張っててもらえばいいかな(笑)って、本当はこっちが本気の保険ね。

昔はぼくもサーフィンを奥さんに撮っててもらったんだけど、やっぱり撮りすごしとかあって、そのたびに嫌な雰囲気になってたからね。

だからこれを買ったんだ。

撮影をやってもらう奥さんのために、ロボットカメラを導入とゆうわけ。

これで変な雰囲気にならなくて済むよ(笑)

さて次は、バーレーやキラ、グリマンとスナッパーでの撮影ポイントも探しに行ってくる。




【SOLOSHOT3】初期不良はスルーしてからのセッティングから撮影開始してみた
https://www.spirit-kooks.com/2019/10/SOLOSHOT3-setting.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019


【大人サーファーのおもちゃ】 SOLOSHOT3 初期不良発生のお知らせ
https://www.spirit-kooks.com/2019/10/SOLOSHOT3.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019

【SOLOSHOT3】オーストラリアの税関でSTOP!!! アメリカから個人輸入で、GSTや関税など数百ドルの支払い
https://www.spirit-kooks.com/2019/10/soloshot3-australia-tax.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019
【サーファーのおもちゃ】SOLOSHOT3をオーダーしてから3週間が過ぎてるのにまだ届かない件について
https://www.spirit-kooks.com/2019/09/soloshot3.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019

0 件のコメント :

コメントを投稿