【サーフボードレビュー】サーフィンの神様も高い支持 Firewire TOMO Evo。レビューその2@D-bah


Tomo surfboard EvoをD-bahで使ってみた


さて、Kelly Slaterが
2015年のワールドツアー中に
使用したボードとゆうこともあって、
日本でも人気の高い
Tomo surfboardのEvo。












それに関連したサーファー必見記事!


先日、こんな記事を書いたのだが、
それに続く第2弾として
レビューを続けたいと思う。








小波以上、ファンウェーブ以下なコンディション


南うねりが入り始めた
今日からサイズが上がって、
風でぼよぼよしている
2-3ftのちょっと厚い波だった。



1本目は
右端から割れてきたレギュラー。


ボトムからトップに向かって
斜めに上がると、
トランポリンの上で
飛び跳ねたような
バネのある反発を受けた。




フェイスが少し
立った所に合わせて
カットバックすると、
小さなゴムボート
の上で立ってるかの如く、
バランスを取るのが
難しかった。


しかしスピードは
キープしたまま
ボードの回転も
スムーズだったので、
簡単に技が成功した。


2本目は
ワイドなセットに
突っ込んでみた。


テイクオフが
ちょっと怖かったが、
ぼくの気持ちに反して
スムーズで
安定感抜群だった。


ボトムの先の先まで
一気に滑り降りたら、
クローズしてしまったセクションも
スープに引っかかる前に
抜けきることができた。


この感覚は
今までのボードでは
あり得なかったので、
Evoはボトムでのスピードが
速いボードだと言えると思う。











Vコンケーブのお陰で自分の欠点をカバーされた


3本目は緩い小波に
ショルダーから乗って、
リップに合わせて
テールを当て込むと
「ツルン!」
と水の上を滑るような感じで
ボードが回転した。



Evo特有の
しっかりと深い
Vコンケーブがうまく機能して、
そのおかげで
ぼくのように下手なサーファーでも
スムーズなトップアクションが
決まったのだと思う。



残念ながら土曜日とゆう事もあって
混雑していたD-bahで
これ以上波を取ることは出来なかったが、
D-bahのような
少しパワフルな波にでも合うボード
だとゆうことが分かった。



Evoの乗りにくい
とゆう第一印象がすっかり消え去って、
今ではもうしばらく
オールラウンドで乗り続けたいと思う。




【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画は
レジェンドサーファーの
川井幹雄さんが
70年代に製作した
伝説の映画
『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりの
このリメイク版は
『ストーンブレイクドリームス』
という名で
新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。
ぼくもミッキーさんたちのように
素敵に年齢を重ねていき、
いつまでも波乗りを
楽しんでいきたいなって
思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、
たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住の
プロサーファー鍼灸師、
南秀史郎さんの
マーヴェリックに挑戦する
ライフスタイルから、
挑戦し続ける人生とは
どうゆう事なのかを
教えてくれる良書。


リリース当初からずっと、
衰えることない人気が
続いてるんだよ。

夢に挑む人生を
送りたい人!
必見です!