【サーフィンレポ】ゴールドコーストのクーランガッタ。混雑必須のスーパーバンクは夜から攻める。 プロサーファーのJoel Parkinsonも波乗りしてたよ。





これがゴールドコーストマジックか!




今日こそは一番乗りで波に乗ってやろうと、Coolangattaに向かった。

前回行った時は混雑にやられて、全く乗れないまま帰って来たとゆう悲しい思い出があるからね(笑)





朝の4時半に到着


ちょっと早いけど、これぐらいがいいでしょ。

Snapper rocksのトイレ上の駐車場に車を停めた。

辺りは真っ暗で怖かった、波チェックしてる人がちらほらいてビックリした。

階段を下りてビーチに出ようとしたら、Quick silver proの会場設営が始まってて入って行けなかったので、真っ暗な道の方を下りてロックまで行った。

普段は歩かない方の道なのでやっぱり怖い。暗いの怖いんだよ(笑)





星が一つだけみえていた。




まだ真っ暗で波打ち際に近づいても、波がどのくらいのサイズなのか全く見えず、ロックに打ち付けた波のしぶきの多さと高さから、そこそこな波かなと予想した。


明るくなるまで待ってみようと設営途中のステージに腰かけて写真を撮っていたが、暗すぎて何も写らず。

サンダルを下に置いてたら、大きなセットが入って来て波にさらわれてしまった。

急いで目で追いかけたが、暗すぎて見失ってしまった。。

サンダル失くすのってちょっとショック。。

この時点で朝とゆうよりは、まだ夜だったな。








まだ全然暗いのに、2人3人とパドルアウトしていく奴らがいたが、さすがにそれについていく勇気はなかったね。



4時50分。

ちょっと明るくなり始めたので、ぼくもパドルアウトした。

その時に気づいたのがすでに遅れを取っていたってこと。

ピークまで行くとすでに、20人位が波待ちしててガックリだった。

せっかく一番乗りだったのに。。。






今日の波はオーバーヘッド。

3-4ftってところかな。

そしてスーパーバンクと呼ばれるだけあって、全身に鳥肌が立つほどの波が割れていた。

あまりにも凄すぎて、ピークから波を取ろうなんてこれっぽっちも思わなかったね(笑)

正直ゆうと、ピークで一気にせり上がる波にビビっていたんだ。






ぼくは基本的にバーレー派なんだけど、こうやってスーパーバンクで割れてる波を夕方のニュースとかで毎日見せられていると、「ちょっと行っといたろかな」なんて思うよね。

混雑は承知の内なのだが、行ってしまった。

ぼくみたいに普段そこで入ってないような奴には、波を取るのがなかなか難しいのだが、それでもラッキーな事に今日は何本かクォリティの高い波を取れたので嬉しかった。










朝一サーファーの中には世界ランク14位、ローカルヒーローのParkoことJoel Parkinsonもいた。

混雑してようが、波がよじれててテイクオフのタイミングが際どいとこだろうが、余裕でテイクオフしてきて、軽々とフェイスに合わせてあり得ないスピードに乗ってトップアクション。

やはりトッププロは迫力が違う。

スプレーの量も、ターンの大きさも。

ローカルボーイズもタジタジ!?になるほどの、Parkoのライディングを目の前で見れてラッキーな朝だった。








ここでもぼくのEvoは調子抜群だった。

心配していたピークからのテイクオフも意外とスムーズだったし、やはりボトムでのスピード感が心地良くて、ぼくのライディングに余裕を持たせてくれた。









ゴールドコーストマジックと言われるこの波も、もう少しは続くのかな。







プロフィールもあるので見ていって欲しいです

クロカワヨウイチです。








【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】


アラジンサンダルは
メイドインジャパンの高品質ビーチサンダルである。
天然ラバー100パーセントの弾力で、
ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無く
かなり履きやすい。

さすがメイドインジャパン。
そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。 







【最近の中で特におすすめの本】

引き寄せの法則に沿って
自分が望む人生を手にすることができるのであれば、
ぼくが望む未来には
毎日好きなだけ波に乗れる
サーフィンライフの中で生きてゆきたいって思うんですよね。
それが半分以上は叶ってるからこそ
もっと強力なものにしていきたい。

だからこの本を読みました。

















0 件のコメント :

コメントを投稿