【サイクロンスウェル】このビッグウェーブは見逃せない ~ウィンストン@バーレーヘッズ&スーパーバンク


グランドスウェル到着






この2日間はオフだったので、Burleigh headsとCoolangattaでサイクロンWinstonのグランドスウェルを堪能した。修理中のEvoが使えないことへの不満を感じつつ、昔使っていたDHDの6'0を持ち出してやってみたが、やっぱりEvoに乗りたいと心から思った。あれは本当に自分に合ってるボードなのだろう。






バーレーで入った時はホームでの安心感があって、オーバーヘッドのでっかいでっかいお化けセットが入って来ても余裕でチャージできたが、スナッパーのピークはあれはいかんね。

何のお知らせもなくいきなりうねりが盛り上がって、ちょっとした津波みたいなやつがロックの裏で割れてそれに突っ込まなきゃいけないんだから、ぼくのように生半可な気持ちでいくと完全にやられてしまう。

今回も人混みをかき分けて奥の方で波待ちしてたが、ちゃんとテイクオフが成功するか分からない波に突っ込む勇気がなかった。

だからグリーンマウントの方まで移動して、もう一ついいスポットで波乗りを楽しんだ。



ここでトラブル発生

グリーンマウント正面ではチューブだらけのめちゃくちゃいい波があって、混雑してない事もあってセット狙い放題だった。

ぼくがインサイドからパドルアウトしてる時、一人の男がバレルの中に入ってる最中だった。邪魔しちゃいけないと思い、彼のラインからしっかり外れて、海底に刺さるくらいの深いドルフィンで避けたのだった。

なのにその男は、戻ってくるなり「お前はファッキンパドルの仕方も知らないのか?ファッキンボーイ」と攻め込んできたので、ぼくはこりゃいかんと思い、「ファック!何ファッキン言ってるんだ?」と返しておいた。だって人からの文句を黙って全部受け止めたら、後で絶対イライラするでしょ?

その後もケンカにならない程度に、相手がファッキン言ってきた数だけこっちもファッキンで返すとゆうくだらない事に時間を費やした。


まぁ相手の言い分は「とにかく他人をリスペクトして、ライディングしてるラインに入って来るな」ってことだったので、思い返してみると確かにちょっとスープを避けるようにその男のすぐ近くでドルフィンしちゃったかも。ドルフィンスルーには自信があるからついついやっちゃった感じよね。

だからまぁ素直に!?謝っておいたんだけど、そいつすぐ後にも他の奴に絡んでたからね(笑)

まぁ波がいいとはいえ、この混雑じゃ腹が立つのも分からなくもないけど、サーフィンは心を落ち着けないと楽しめないよね。

0 件のコメント :

コメントを投稿