2016年2月26日 The Day ~サイクロンWinston~


ゴールドコーストの夏もあとわずか




朝6時。仕事に行く前にFacebookをチェックすると、Wave Shots Gold CoastのDylanが撮ったばかりのバーレーの様子をUPしていた。





今日はサイクロンWinstonからのグランドスウェルが届いた最初の日なので、ぼくもサーフィンしたかったのだが仕事なので行けなかった。

こうゆう時、「しょうがないなぁ」とゆう一言で済ませれる人は、大人だとぼくは思う。

早くそんな風になってみたい(笑)





午後2時。仕事が終わりサーファーズのビーチに飛び出してみると、でっかいでっかい波がゆっくりゆっくり割れていた。ある程度のサイズを超えた大きい波ってなんであんなにゆっくりとブレイクするんやろうね。

その時吹いていた風はオンショアだったけど、そよ風程度でサーフィンをするコンディションとしては悪くない感じだったので、やっぱりぼくもパドルアウトしなきゃとゆうことになって急いで家に帰った。


パティオで埃をかぶっていたDacyの6’0を取り出し、ワックスアップしてフィンを付けてBurleigh headsに向かった。

本当はCoolangattaに行きたかったんだけど、リオをキンディに迎えに行く時間が迫ってたので遠くには行けなかったのだ。

先に迎えに行ってからサーフィンするってゆう案も浮かんだんだけど、それだと奥さんへの負担が余計にかかっちゃうからね。

だから今日はちょっとサーフィンして、迎えに行くことにしたのだ。



このデカい波でアウトまで出れるかななんてドキドキしてたけど心配ご無用!だった。

だって誰も海に入ってなかったからね。

ギャラリーが100人ぐらいいたのにサーファーは0。

ローカルでも入らないなら迷うことなく入らないのが一番いい選択だ。

見た目はキレイに割れてたんだけど、ロータイドが重なってたので、カレントが半端じゃなく強いんだろうな。




帰ろうとする頃、二人のサーファーがパドルアウトしようとしていた。

見ていたギャラリーの中にローカルのイケイケサーファーも混じっていたが、「俺もう飲んじゃってるし」とかゆう言い訳を周囲の人たちに言ってたのにはちょっと笑えた(笑)

今日は見てるだけだったが、それでも今回のグランドスウェルからは魂が震えるほどの波動を感じた。

そしてそして、今日一番の感動シーンは。ビーチウェディングを挙げていたカップルを見かけたことだった。

何年か前に同じ場所で結婚式をしたぼくの友人夫婦も幸せにやってるので、ここはぼくにとってハッピープレイスってことになってるのだ。



The Dayはグランドスウェルにビーチウェディング。今日はなんだか幸せいっぱいなバーレーヘッズだった。



Photo by @waveshotsgoldcoast



【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!









0 件のコメント :

コメントを投稿