キーワードで検索

【ゴールドコースト情報】サーフィン道場D-bahでミックファニングに遭遇した朝。






プロサーファーに会えるビーチ



ぼくが海から上がった時に、偶然にもミックファニングを見かけたのだった。

ラッキー過ぎるにも程がある。

ミックファニングに遭遇するのって、イルカやクジラを見かけるよりも確率が低いからね。

そりゃみんなテンション上がるって。

我らがスーパーヒーローミックファニングは、彼の飼い犬である大きくて黒い犬と一緒にビーチを走ってたらしく、身体からは湯気が上がってた。

そしてそろそろ海に入るタイミングだったみたいで、ボードの準備をしていた。

ぼくはすかさず駆け寄って声をかけようか、それとも近くに停めてあった自分の車からiPhoneを出してきて、一緒に写真を撮ろうかと企んでいたんだ。

近くにいたブラジリアンたちもミックに興奮して、何かしらのアクションを仕掛けようとしていた。

ミックはそれを察したのか、そんなぼくらの存在に気にもとめずに急ぎ足でサーフィンへと行ってしまった。

これがその時に後ろから撮った写真である。






肌寒かった今朝、ぼくはフルスーツを着てサーフィンしたのだがこれは正解だった。

ミックはスプリングを着ていたのだが、これはぼくも同じものを持っているのでお揃いである。

朝の5時半だとゆうのに、オンショアビュービューで波はガタガタしていた。

サイズはムネくらい。

これから週末にかけてサイズアップしてくる予報なのだが、今朝はDay1といったところだろうか。

まだまだ小波だ。

ぼくはニューボードの、Stretch Donnyの慣らしライド中なので、波が小さくても関係なく入ったのだった。






いやぁいいボードだよ、すごくスムーズに走ってくれるのでサーフィンが楽しくなった。

長さが6'2もあるので本来ならばデカ波用なのだが、サーフボードは長いのが好きなタイプなぼくは、十分に楽しめるのであった。

長いボードが好きな理由は、いくつかある。

  • パドリングが安定する。
  • テイクオフが早い。
  • ドライブが効きやすい。

といったところだ。

昔は5'11よりも短いボードに乗ったりもしていたのだが、

  • パドリングが進まない
  • テイクオフが遅れる
  • ターンが小さくなる

などといった点が自分では気に食わなかったのだ。

なので今は流行の短いサイズよりも、自分が本当に好きな長さのボードでサーフィンしている。




さて風はどんどん強くなってきた。

週末は北から南下してくる低気圧の影響をもろに受けそうなゴールドコースト。


参考までに日曜日の天気図を貼っておくが、これが波にどう影響してくるのかぼくには何にも分からない。








ただ波予報では徐々にサイズアップで4-6ftとなっている。







この状況はやはり、先日買ったニューボードを、サイズのあるパワフルな波で試すときが来るようだ。

さてそんな週末を控えた明日は、いったいどんな波があるのだろうか。

海との波動をしっかり合わせて、いい波を掴みたいと思う。