【サーフィンの練習】ノビービーチのダンパー波でのチューブライドは、キラやバーレーのシャーキーズをイメージ。


小波に見えるが、いいビーチブレイクサイズだった。


予報通りにオフショアが吹いていた


北北西だったのでクソ暑い風でむっしむっししてたんだけど、冷たい海の中に入った時の快感さといったらたまらなかったね。

しばらく続いたちょいとサイズのある波も昨日で終わった感じかな。

今朝からはハラムネくらいのファンウェーブサイズになった。

時間がなかったので家から一番近いノビーのサーフクラブ前でサクッと入水。

時々やってくるワイドなセットを狙ってラインアップに並んだ。









セットはアタマくらいあってブレイクも早く、かなりダンパー気味だった。

向こうのレギュラーでチューブを狙った。

しかしチューブになっていたので、狙うことに。

メイクできない波だったのだが、千本ノックを受けているような気持ちでとにかく来る波を次々にキャッチした。

とはいってもやっぱりダンパーなんで潰されちゃって、浅い海底に叩きつけられまくったんだけど、ここで怯んではチューブはメイクできない。

あくまでも今朝はチューブの練習、千本ノックぐらいの気持ちだったので、とにかく突っ込みまくってやった。

すると何本かはグラブレールでチューブの中を走れたんだよね、たぶん2秒ぐらいだろうけど。

速い波でもテイクオフしてレールを入れて走るコツが掴めてくるような気がしてとにかく夢中で波に乗りまくった。

自分の中のイメージは、一番怖いと思っているキラのチューブね。

キラでサーフィンしているとゆうイメージを持ちながら、とにかく素早いテイクオフと正確なボードコントロールでレールを入れるとゆうのを意識していたんだ。

なんか小さなことやっちゃってるなって感じなんだけど、本番に弱いぼくはこうしてデカ波でのイメトレをしっかりやっておかないと、いざとなった時にメンタルがやられちゃって思い切ったチャージができなくなるんだよね。

だからはたから見るとダンパーの波にバカみたいに突っ込んでるアホなんだけど、これはぼくなりのイメトレでもあるってことなんだ。

まぁそのうちほんとにキラやバーレーのシャーキーズからチューブをメイクするようななったら、こういったアホなことも説得力が増してくるとは思うんだけど。

今はしょうがない。できるようになるまでは続けるのみである。


まともに乗った波は合計で4本。















0 件のコメント :

コメントを投稿