キーワードで検索

【サーフィン】ストラディーを最後の選択肢にしちゃいけないってこと






ストラディといえば、ここらのビーチが1ftの時に2ftとなる


マイアミビーチがモモコシだったら、ストラディはムネカタになる。

つまり、ワンサイズ大きい波が立つってことだ。

だからいつものビーチがスモールコンディションの時に、よく行くサーフスポットなのだ。

しかしこの考えが間違っているんじゃないかと思い始めた。

だってここ何年も、波を当てれてないのだ。

ストラディといえば「夢の島」なんて呼ぶ人もいるほど、極上のブレイクがあるところ。

しかしぼくは全然、その極上ブレイクにありつけてないのだ。






A post shared by Yoichi Kurokawa (@yoichikurokawa) on



今朝はコーリーさんと行ってきたのだが、またもや外してしまった。

ちなみにサーファーズ辺りのビーチはスモールで、微妙だったんだ。

だからストラディーはワンサイズあっていい波なはずと思い込んで行ってみたのだが、ダメだった。

ここ何年もそんな調子である。

よっぽどストラディとの波動が合ってないんだななんて、波運の無さに自分でも笑ってたのだが、ここでちょっと気がついた。

ストラディーを最後の選択肢にしちゃいけないんじゃないかって。

波が無いからとりあえずストラディに行けば何とかなるっしょ。

こんな考えでは波が当たらないんだと思い始めた。

いくら夢の島ストラディといえど、そんな捨て駒のような、あったら便利なコンビニのような扱いをしていたんでは、波を当てれるはずがないんだよなきっと。

ストラディはトッププロが撮影に使うほど素晴らしいロケーションで、当たればぐりぐりのチューブが炸裂するところだ。

ストラディの波を当てたいなら、普段自分が通ってるマイアミビーチ、もしくはバーレーポイントがいい波で炸裂している時に行くべきなんだよな。

ってのをコーリーさんと話してて、そんな結論が出たのだった。











次に行くときは、「しょうがない時のストラディー」じゃなくて、「バーレーポイントがパンピンだからこそストラディーに行ってみるべ」とゆう決断を下してみようかと思う。

その時になって相当迷うだろうし、ほとんどの確率で「やっぱりバーレーでいいじゃん」ってなると思う。

そもそもそんなグッドコンディションの時に、ストラディーに行くこと自体を考えないかもしれない。

まぁだからここ何年も、ストラディーの波を当てれてないんだと思う。

まぁとにかく、ストラディーを最後の選択肢なんかにしてるから、いつもしょぼい波で終わってしまってるんだな。

次は、次こそは思い切っていい波の時に行ってみようかと、できることならそうしてみたいな。






サーフタクシーは7㌦。パドルなら15分。


【GCサーフスポット】TOS、ストラディーへの行き方。パドルで渡るか、サーフタクシーを利用する。
https://www.spirit-kooks.com/2017/08/surfing-goldcoast-straddie.html
サーフィンブログ Spirit Kooks since 2014