バーレーヘッズのカレントレベルがついにレベル10をオーバーした。





なんだか工事中になってて、ナショナルパーク内へアクセスしにくくなってるので注意が必要。



バーレーヘッズのカレントの強さは今朝も健在。

右から左へ川のように流れて、ピークに向かう者たちの行く手を遮るばかりか、波待ちすらも許されないとゆう過酷な状況。




サンシャインコーストからDaikiが遊びに来ているので一緒にパドルアウトしたが、結局海の中で会う事は一度もなかったよ。




ぼくは昨日までの疲労を引きづったままの身体で必死になってシャーキーズの奥を目指していたのだが、結局1時間パドルしても一番奥には行けなかった。



ピークに行こうと思えばずっとアウトに出てから横にパドルするのが一番いいんだけど、それだと一切波に乗れないのだ。

波に乗りたいからちょっと手前に行ってみると、たちまち強烈な流れに乗って戻されてしまう。

タイミングが重要で体力も不可欠。

結局乗れたのは1本だけ。



バーレーコーブの先っちょからインサイドに回り込んで、ビーチに戻される流れに乗りながら運よく入ってきたミドルセットを掴むことができた。

サイズ的には3ftくらいかな。

1時間必死でパドルし続けてからのこれだったから、最後にワイプアウトした時に息が切れちゃって水中で死ぬかと思った(笑)くわえてたGoproなんか放り投げてしまったからね。

そのちょっと前に、日本人のローカルボーイのヒナタが2本もチューブを抜けて来ていた。

ぼくもローカル並にここでサーフィンしているが、彼はもっとここの波を熟知してるんだろうな。

この流れが一刻も早く穏やかになることを願って、明日の波に期待したいと思う。

0 件のコメント :

コメントを投稿