【石垣島 サーフィン】Gopro動画あり。極上ブレイクのレギュラーブレイク。セキモトカイトProとテライユウトPro、そして木元直哉さんに遭遇した日のこと。





朝6時半、ポイントに到着した時はまだ薄暗かった。

沖合ではビュービューに吹いているのが見えたが、ここのポイントはなんとか風を交わしていた。

ローカル達はダブル近くまでサイズアップすると予測していたのだが、ムネカタぐらいしかない。

気温は28℃で水温も同じくらいある。

台風の影響で風は強いのだが、生ぬるいので海パン一枚で十分に入れる。

今朝も地元サーフショップSproutのカズさんにガイドをお願いして、一緒に入ってもらった。

ここは先日サーフィンしたところから離れた少し手前のポイントなので、波もちょっと小さめになるのかな。

やはりエントリーは獣道を入って、ギザギザした草をかき分けながら崖を下っていくとゆう、なかなかハードコアなスポットだ。

入水は、頭がい骨のようなサンゴの塊がゴロゴロと転がっているビーチから入っていく。波打ち際で躊躇していると、遠慮ないサンゴアタックがやってくるので超危険だった。




台風21号のスウェルはどこだ?






10分に一度くらいの割合でやってくるセット。

サイズこそは頭くらいしかないのだが、なんせボトムには色鮮やかなリーフがびっしりと敷き詰められているので、ワイプアウトが怖くて思うように乗れないのだ。

たぶんぼくは人一倍怖がりなんだと思う。

サンゴにヒットするのが怖くてしょうがない。












ワイプアウトをして5回に1回は当たってるしね。

それでも波に乗りたいので頑張ってみた。

ローカル達は、ぼくがガイド付きで入って来てるのを分かっているので、ピークで波を待ってても誰も何も言って来ない。

みなさんのご厚意に感謝しつつ、それなりにガツガツさせてもらった。

サーフガイドカズさんからもいくつか波を譲ってくれて乗ってみたのだが、なんか身体が硬いんだよねぇ。

波質も硬いのだが身体もガチガチで、本当だったらもっとデカい波を期待しなきゃいけないのに、こんなショボ波で良かったと安心しちゃってるショボいぼく。。。










帰る前にもう少しゆっくり波チェックしていたら、誰か来た。

年配のオジサンと奥さん、若いサーファー2人が、ローカルガイドと共にやって来たのだ。

そのオジサンがぼくが履いてるボードショーツ【Mad Hueys】に食いついてきたので、ちょっとびっくり。だって日本で知ってる人がいるなんて思わなかったからさ。

ってよく顔を見たらサーフフォトグラファーの木元直哉さんだった(笑)

なんか見たことあるなぁって思ったんだよね。

一緒に来てた2人のプロサーファーはセキモトカイトとテライユウト。ものすごく礼儀正しくしていて、好印象だったよ。

ローカル情報によると、シークレットポイントで彼らの撮影があるらしい。台風21号のうねりを狙ってるんだろうな。さすがKinちゃん(親しくもないのに生意気か!)

まぁそんな感じで、コーラルリーフブレイクにはまだ慣れることが出来ず、
ひたすらビビりまくりで朝のセッションを楽しんだ今日この頃。

キーワードで検索