【ボードレビュー】BallinaノースウォールのオーバーヘッドでNeal Purchase Jnrのクワッドボードを試した事






久しぶりのノースウォール。

ゴールドコーストのD-bahと同じように、河口の北側のビーチブレイクなのだが、波のパワーはかなり大きくて中級者以上向けのスポットとなっている。

そこで今日は、Neal Purchase Jnrのクワッドボード5'7×19'1/4×2'3/8で波乗りしてきた。




最初は昼前から入って、その時はオンショアで面がぼよぼよしていた上に、波のサイズも肩胸くらいしかなかった。さらにロータイドがちょうど重なってたので、波数も少なくて乗り繋げれる波が少なかった。

時間の経過とともに潮も上げ込み、それに合わせてどんどんサイズアップのオーバーヘッド。気が付いたら風もしっかりと止まってくれて、Calmでグラッシーなコンディションとなったのだ。

Ballinaのノースウォールはそれ程混雑するところではないので、ローカルも比較的フレンドリーで波争いをする必要がないラッキーな所でもある。

だから自分のところに入ってきたセットは、自分のペースで落ち着いてテイクオフしていいのだ。




このNeal Purchase Jnrのクワッドボード、走り出したら止まらないね。

ロッカーがフラットに近いので、真っすぐなラインでの加速が気持ちいいくらい十分なスピードに乗ってくれるので、自分はパワーゾーンをキープするだけのコントロールをすればいいだけとゆうイージーボードだ。

ボトムからテールを沈めてからのトップターンもスムーズ。レールやフィンが余計に引っかかることが無かった。

ただクローズセクションをボトムから抜ける時に全くスピードに乗らなくて、ボードが全く思い通りに行かなかったので、気が付いたらノーズを持ち上げてパタパタしてしまっていた。

まぁそうなってしまうとゆうくらい失速するとゆうことは、体重移動が分かってないか、そうゆうセクションではレールを入れても伸びないボードなのだろう。




テイクオフに関しては全く問題ない、どちらかといえば早い方だ。

テイクオフが早いうえに、パドルが少なくても走り出す。こんな楽なボードはなかなか無いぞ。

自分的にはフィンがちょっと短いようで、ドライブが効きにくい気がする。

クワッドなので前か後ろなのか、どちらをどう変えればいいのか分からないが、フィンセッティングによってライディングにも大きく左右してくるボードなのだと思う。




あとは、ボードの軽さが気になるかな。ハイパフォーマンスボード並みに軽いと感じるので、グラスファイバーとレジンが薄いのかなぁって。

そしたら強度は高くないんだろうなぁって思っている。

ぼくは基本的にバーレーヘッズのチューブに突っ込む事をスタイルとしているので、強度の低いボードとは早々におさらばしなければならないのだ。

まぁもう少し色んなポイントで様々な波に乗ってみるつもりだけど。


キーワードで検索