【波乗りレポ】スラスターボードのNickMazからサイドフィンを外して、シングルフィンにして乗ってみた。





今年はなんだか暖かい日が続いているゴールドコースト。冬に向かってる気が全然しない。

サーフィンするならウェットは必要なんだけど、今はスプリングで十分だし、日中の日差しが強い時間帯なら海パンとタッパーで余裕な感じだ。

地球の温暖化なのか、ただ単にそうゆうサイクルなのか、サーファーにとっては少しでも暖かい方がいいに決まってるのだが、もし地球の変化がよろしくない方向に向かってるのならなんか寂しいね。

いつ最後の日がやってきても堂々と迎え受けれるように、今のうちにサーフィンを楽しんでおこうと思う。




今朝はサイズアップしてビーチはパンピングだった。

3ftのクリーンコンディションで、マイアミビーチのサンタモニカストリート(名前が素敵すぎる)の前にあるサンドバーが、セット3ft+を全部引っかけていい感じのロングウォールを作りあげていた。

昨夜眠りにつく前に、色々考えてたんだけど、急にシングルフィンに乗りたいなぁって思う事があって。

今まで乗った経験は一切ないんだけど、ロブマチャドのことを想ってたら(これも何故だかわからない)どうしてもシングルフィンに乗りたいって気持ちになったのだ。

何かやりたいと思ったら、すぐ、今すぐに行動に移さないと気が済まないぼくは、朝起きてから速攻で、DMSのサイトでシングルフィンをチェック。

値段を見て今すぐは買えないとゆうことを確認して、自分のガレージに向かった。

パッと見てシングルフィンにできるボードはNick Mazの5'5×18'7/8×2'5/18とゆうミニボード。

それに持ってる中で一番ワイドなセンターフィンをくっつけて海に向かった。




今日は日曜日、混雑が始まる前にパドルアウトして波に乗らなきゃいけなかったので、一緒に入ろうと言ってた先輩が到着するのを待たずに海に入った。

ほんの30分位乗って、シングルフィンがどんな感じなのかは分かった。乗れたかどうかは別としてね。

確かにトライフィンとは全く感覚が違う、ラインを見ないと波に乗っていけないってのは分かった。

決めた。まずは中古(いつも中古ボードだけど)から色々なシングルに乗ってみて、バーレーでも使えるものを見つけ出すぞ。

アウトに出てみるとセットがどんどんやって来てたので、Nick Mazはひとまず車に戻して、最近レギュラーボードになりつつあるJack Knightでもう一度パドルアウトした。




その頃になるとラインアップは大混雑。特におじさんサーファーが多くて、みんなのんびりニコニコ楽しんでいたので、雰囲気はサイコーな日曜日。

そしてサンデーサーファーおじさん達は、ソリッドな波に突っ込まないので、ぼくにとっては乗り放題(笑)




チューブもあったんだけど、そこはハード過ぎてぼくも突っ込めなかった(笑)だから動画のように無難なサーフィンで終わったのだ。




レギュラーもグーフィーも何本づつか乗って腹八分目。やり過ぎないでほどほどにするのが一番。今日は仕事だし、日曜日で忙しいから体力残しておかないと明日に繋がらなくなるからね。

波情報によると、明日はもう少しサイズアップ。ロータイドは午前11時だから、サンライズのバーレーでチューブ狙いかな。



キーワードで検索