【読書レビュー】Kindleがあるからこれだけ本を読んだ。2017年5月に読んだ本のタイトルをずらっと並べた。





読書って素晴らしいことだと思う。


知識を得ることができ、自分の知らない人生を知り、物語から創造力が育まれる。

 そして何より自分のペースで読み進めることができるとゆうのが、サーフィンと同じで気軽に楽しみやすいよね。

今あなたが手に取った本とは、必然的な出会いなのだ。

読書の習慣がない人から「何を読めばいいのですか?」と聞かれることがよくあるが、その時に出会った本を読み始めればいいと答えるようにしている。

それがその時のあなたにとって必要なのだから。

ぼくはサーフィンの合間に、ちょこちょことKindleで読書をしています。

Kindleは持ち運びしやすく、薄暗い場所でも目にかかる負担が少ないのがすごく便利ですよー。



今月ぼくが出会った本がこちら



  1. むだ死にしない技術 堀江貴文




  2. ホリエモンの宇宙論 堀江貴文




  3. 我が闘争 堀江貴文




  4. 死ぬってどういうことですか? 今を生きるための9の対論 瀬戸内寂聴  堀江貴文




  5. AI時代の人生戦略 「STEAM」が最強の武器である 成毛 眞




  6. 就職しない生き方 ネットで「好き」を仕事にする10人の方法 堀江 貴文 西村 博之 塩見 直紀 佐藤 大吾 古川 健介 家入 一真 堀内 議司男 登 大遊 深水 英一郎 蝉丸P インプレスジャパン編集部




  7. 男と女がいつもすれ違う理由 はあちゅう 藤沢数希




  8. 多動力 堀江貴文




  9. 夢をかなえるゾウ3 ブラックガネーシャの教え 水野敬也




  10. ファジャール~夜明けの海の彼方へ~ 高石




まとめ

読んだ本をずらっと紹介しただけでレビューを書いてないのが申し訳ないのだが、どれもおススメなので、是非とも読んでもらえたらなと思う。

No2の宇宙論は、話題が宇宙過ぎてちょっと難しいところが多かったかな。

ホリエモンばかりと思いきや、No9に夢をかなえるゾウ3が出てきたのにはびっくりした(笑)また自己啓発本を読むとは思わなかったね。

まぁ自分で選んだのは確かなんだけど、本との出会いは必然だし、何かしら意味があるんだろうなって思いながら読んだんだけどね。

夢をかなえるゾウはいくつかシリーズになってるんだけど、数年前に読んだ1巻目でかなり衝撃を受けて、自己啓発系の本はそこでもう卒業したつもりだったのに、またこうやって手に取ったってことは何か意味があるんでしょう。

No10のファジャールは、サーファーの物語で舞台は江ノ島。

結末は悲しかったけど、目の見えないサーファーサトルが海と呼吸を合わせ、身体で波のパワーを感じながら波乗りするとゆうところに、自分の思いも重ねて読むことができた。

ソウルサーファーって、サトルのようなサーファーのことを指すんだろうな。




波乗りも読書も自分のペースで自由に楽しめるからおススメですよ。





Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つきモデル

キーワードで検索