小波ならハイパフォーマンスボードよりもNick Mazのミニフィッシュが楽しいはず






2日ぶりに海に戻って来たら波が小さくなっていた。

サンライズ前にバーレーに着いたんだけど、1ftなダラダラした波が割れてただけなので、家に戻ってボードを取り替えることにした。

だって波情報ではサイズアップとなっていたから、また前回みたいにチューブライドができるかもと思いProject 15を持ってきたのだが、今日はいらないかな。

小波だったら違うボードでも楽しいはず。

とゆうことで今日使ったのはNick Mazの5'5×18'7/8×2'5/18とゆうミニフィッシュのようなスラスターボード。



そしてフィンは昔後輩からプレゼントしてもらった桜模様のこれ。たしか日本人デザインだった気がするが、何のフィンだったかは忘れてしまった。



結局ビーチで入ることにした。

やってきたのは家から一番近いマイアミビーチのサンタモニカストリート。

ビーチから見ている時は2ftのタルイ波が割れてるなぁって思ってたんだけど、入ってみるとセットで2ft+でインサイドまで繋がるなかなかいい波がたくさんやって来てた。





波はいいんだけど、身体に溜まった疲労感で思うようにテンションが上がらず、この後に行かなきゃならない仕事を思うと休みたいなぁなんて思いながらアウトでボーっとしていた。

今日で連勤7日目。職場にはしっかりと、「連勤が続くと朝のサーフィンに行けなくなって、自分の仕事にも支障が出るから考慮して欲しい」と伝えてあるから、あと一日は頑張ってみよう。





30分位で上がろうと思ってたんだけど、なんだかんだとみるみるうちにサイズアップしてくるセットに後ろ髪を引かれ、45分程のサーフィンとなった。




このNick Mazのボードは短くて薄くいんだけど、アウトラインが真っすぐなのでスピードが早く、なかなか楽しいボードなのだ。

軽いからちょこまか動き回れて、今朝みたいなフェイスが立ち上がらないビーチブレイクにも合ってるボードだと思う。




Nick Mazは現役シェーパーたちからとてもリスペクトされているクラフトマンの一人。やはりなんか一味違った良さが、このボードから伝わってくるね。



キーワードで検索