【早朝派】娘を連れて朝の5時にビーチへ。早起きすればもっと楽しめるんだよ。



サンライズが始まりの合図



去年の冬位からだからまだ青二才なんだけど、ぼくは早起き派に転向したのだ。

夜更かし派だった頃に比べると、今は遥かに調子がいいなって思う。

朝は空気が綺麗で静かで、自分のやりたいことに集中しやすい時間があるんだよね。

ブログも大体朝に書くし、読書なんかも寝る前に比べると、読めるページ数が倍以上変わってくる。、

もちろん波乗りも朝一番に行くようにしている。

風が吹いてないから波はいいし、混雑してないからストレスフリーで波に乗れるんだよね。

夜ってさ、限りなく時間が使えるとゆう利点があるんだけど、朝まで続くからキリが無いんだよね。

そして忙しい一日を過ごした後では、当然身体も頭も疲れてて、実はそんなに集中出来なかったりするんだよね。



何か毎日継続してやりたいことがあるなら、夜はさっさと寝て朝やるようにした方が遥かに効率がいいのだと、ぼくは思っている。

まぁぼくの周りには朝は弱くて早起き出来ないって人は多いんだけど、本当に自分のやりたいことがあって、誰にも邪魔されないで続けたいって思う気持ちを強く持っているのであれば、いつまでもダラダラ寝てることなんて出来ないのになぁと思うのはぼくだけなのかな?






午前5時


今朝は長女を連れてサンライズのビーチへ。



波が無い穏やかな海に向かって、二人でゆっくり身体を沈めていった。

ヒンヤリ冷たかったけど、それがなんか愉快に思えて父と娘、二人で大笑い。

とてもとても気持ちよくて、身体のエンジンが一気にがかかったよ。

これで今日も一日を頑張れるはず。



リオは今年で6歳になるから、もうそろそろぼくの色んなアクティビティにジョインできるはず。

こうやって早起きで活動することの良さが分かってくれるようになれば、娘の人生もハッピーになること間違いなしって思うんだけどね。

いつか分かってくれるかな、父のこの気持ち。




キーワードで検索