【サーフスアップ】波を感じろ!!!南うねり?ディーバーに行ったのは間違いだった。






南うねり、南風だからD-bahしかないってゆう思い込みで行動したのが間違いだった。

たしかにD-bahは南うねりをダイレクトに受けるんだけど、バーレーやスナッパーだと横にそれちゃって、それほどなサイズアップは見込めないんだけど、、、なんてゆう思い込みで判断しちゃいけないね。



今朝は張り切って3時半に起きて、すぐにディランを迎えに行ってからのD-bah。

到着したのは、まだ暗かった4時半前。

すでに20人位のサーファーたちが明るくなるのを待ってて、アウトを見ると波はデカそうで、ちょっと面が悪そうだなってゆうくらいしか見えなくて、きっといい波だろうと思い込んでぼくらは待っていた。



さて少しずつ空が明るくなってきて、ワックスアップしてビーチをダッシュしている最中に気が付いた。

こんな時にシングルフィンなんか持ってきちゃってるやん。。。

本当はDHDのSweet spot 2.0を使おうと、昨日からフィンを替えたりして準備してたのに。。。

間違えて持って来ちゃったのだ。

まぁいいやとパドルアウトして、波のサイズは楽々オーバーヘッドで、水量と流れが半端なく、どいつもこいつもアウトのラインアップをキープできない状態。

横に流されたら分厚いスープにバンバンやられて、あっとゆう間にビーチに打ち上げられる。

15人位で一斉にパドルアウトしたのだが、アウトでライトポジションをキープしていたのは10人位。

ディランを含め後のみんなは、ミドルで永遠に続くパドル&ドルフィンスルー祭りに巻き込まれていた。

遠目から見ていたぼくらはクスクス笑いつつも、うねりがシフトしすぎてなかなかいい波を掴めなかった。

結果的にはぼくも惨敗。

ライトポジションからテイクオフしたダブル位の波も、ボトムからの巻き上げとせりあがるウォールが斜めすぎて、シングルフィンではメイクできなかった。

サイドフィンの必要性をもろに感じてしまった。

まぁこんな日もあるのだろうと、5時半には海から脱出。



ビーチにはコーリーもやってきてて、彼はアウトに出る事すらできなかったと言っていた。

暗いうちからやってきたせいで波チェックがおろそかになり、判断ミスを招くことになってしまったんだな。

家に帰る最中にバーレーに寄ってみると、めちゃくちゃいい波がやってきているではないか。



シャーキーズからコーブまで、5秒近くもチューブに入ってた奴がいて、正直ムカついた。

チューブライドしてた奴にムカついたんじゃなくて、浅はかな判断で自分のホームを無視して、D-bahなんかに行ってしまった自分に。

もっとバーレーポイントを信じていれば良かった。南うねりだから小波コンディションに違いないなんて思うべきじゃなかった。

反省である。

これからは波が上がったらまずバーレー。

もうちょっとホームにスティックしようと、心に決めた朝であった。

キーワードで検索