【ゴールドコーストの波】残りのうねりで、D-bahはファンウェーブ






本当はバーレーでサーフィンしたかったんだけど、ちょっとサイズが小さかったのでD-bahへ。

土曜日なのに、いつもの混雑さが全くなくて逆に不安だった。

だって人が集まらないってことは何か理由があるはずでしょ?

サメが出たか、セットが見た目よりも大きくてヤバいのか、それともどっか他にいいところがあるのか。



不安に思いながらもパドルアウト。

ボードはDHDのSweet spot 2.0で、ワックスはMad WaxのCoco Warm。

柔らかくてグリップ力がある上に、いつまでもボードにくっついててくれるから使いやすいよ。

欲しい人は海で会ったら声かけてね。

まぁ今朝のD-bah。パドルアウトして分かったのが、そんなにいい波じゃなかったってこと。

結果的にはぼくらが上がった頃の、8時前くらいからうねりがどんどん入って来てて、パンピンだったんだけどね。

ミドルではフェイスの張ったいい波が、コンスタントに割れ始めていたのでもう一度入ってみようかとちょっと思ったのだが、気分が乗らなかったのでそのまま帰った。

なんだか本調子じゃないんだよね。

先日のお腹負傷によるダメージがまだ残っているので、ガチな動きができないとゆうか、アグレッシブさが足りないとゆうか。



その時のブログをまだ読んでない人は、こちらをクリックして読みに行ってね。
【デカ波危険】サーフィン中にサーフボードのノーズが腹に刺さって水中で撃沈した


お腹を負傷すると、体力と気力を持っていかれちゃうんだね。

だからボクシングでは、ボディーブローを打つのか?

じわじわとかなりしつこく効いていて、この状態ではデカ波に挑める気がしないよ。

だから今日みたいなサイズダウンで、メローなコンディションなのはラッキーだったと思えたね。

どんな時でもこの思考は大切なんだな。

なにが起きても自分にとっては有意義なことで、それでラッキーだと思ってりゃ、人生良い事ばかりだからね。

しばらくはのんびりしろってことなのかな。



キーワードで検索