【2018年ファーストスウェル】 28ノットの南風からの南うねりで、D-bahが最初にサイズアップしたサンライズ前







やっとゴールドコーストにうねりが入ってきた。

ずっとノーザリーだった風がサウザリーに変わるタイミングで、スマホで見る波予報では1ftから6ftにサイズアップと出ていた。

いきなりそこまで波が上がるなんて事は、ぼくの経験上ではあまり記憶にないので、そんなに期待してなかった。

しかし周りの奴らはスーパーエキサイトしていて、波予報に表示されてるところだけしか見ていない浅はかさに、ちょっとイラついたりしていた。

風を感じて海をしっかりと観察しろよ!ってね。


太陽が昇る30分以上前から結構な数のサーファーやSUPたち@スナッパーロックス


さて実際はどこまで上がったのか。

今朝D-bahまで行ったのが4時40分で、やっと明るくなり始めた空には、真ん丸の影が付いた三日月が見えていて綺麗だったなぁ。

サンライズは5時2分。基本的には20分前から明るくなってくるのだが、昨夜ビュービューに吹いていた南風の影響で、空にかかってる雲は一切無し。

どこか遠くまで吹き飛ばされてしまったみたいで、夜明け前からぴーかんのすっきりとした青空が広がっていた。



ちなみに昨夜、あまりにも風の音がうるさくて目が覚めたのが午前2時。

ちょっと起きてスマホの波情報をみたら、その時の風が28ノットだった。

そしてそんな強風がもたらした波が、ディーバー炸裂!

って言いたいところだったんだけど、ムネカタサイズのだらだらした波が割れているだけだった。

ショルダーが張ってなくてまだまだ本領発揮には程遠いんだけど、ゴールドコーストにやってきた今年最初のうねりなので、やはりウキウキ感が満載からのサンライズを待たずしてパドルアウト。



やはり南から入ってくるうねりはパワーがあっていいね。

北うねりとは一味も二味も違うよ。

久しぶりに波に乗った気がして、最高に気分良かったなぁ。

潮周りや風向き、混雑具合など色々あってベストなタイミングってのはいつでも違うんだけど、自分が入ったその時に自分が乗りたい波に乗れて、それで楽しかったらその日は最高のサーフデイになるよね。

仕事前にほんの少しの時間だったけど、2018年最初のサイズアップを楽しめたそんな朝であった。



キーワードで検索