【夏のゴールドコースト】シングルフィンでゆるくクルージング@サーファーズパラダイス




金曜日の朝


期待するまでもない極小コンディションが続いているゴールドコースト。

ここまで波が無い日が続くと続く、デカ波の感覚を忘れてしまいそうで非常に困る。

本当に波が無い日が続いているのだが、一応毎日海に入ってはボディーサーフィンをしているんだけど、たぶんパドル力は落ちている気がする。

突然波が上がっても、ポイントブレイクの強い流れに逆らってパドルが出来るのか自信がないよ、このままじゃ。

今年に入って2回目のサーフィンは、サーファーズパラダイスのビーチブレイクだった。



いつも仕事が明るい時間に終わった後は、ここの前を通ってバンクがあるのを確認してたからね。

だからたまたま会ったニック(数か月前にNeal Purchase Jnrのボードを売ってくれた彼)
その時のブログはこちら↓
【ボードレビュー】Neal Purchase Jnrのクワッドボード5’8でチューブライドを目指す

ぼくがここでサーフしているのが珍しく思ったみたいだったのだが、このバンクを知ってたと話すと、ローカルの秘密がバレたと悔しがっていた(笑)

最近はこんなボードが流行っているゴールドコースト。ちなみにぼくのではありません(笑)


今朝はディラン(なんと21歳になったのだ)と、昨夜からヒルトンホテルに宿泊中で優雅な気分のコーリーを誘っての波乗り。

波のサイズは本当に小さくて、腰くらい。

しかしとってもグラッシーで水も透き通ってて、かなり心が洗われるコンディションだった。

テイクオフする時に水面を見ると、サーファーズにそびえ立つ高いビル群が映ってて綺麗だったよ。



大自然の中でのサーフィンも壮大だけど、こんな人口建造物が立ち並ぶ前でのサーフィンもいいもんだよね。



ちょっと波乗りを楽しんだ後はあまりにも暑かったので、ウェットスーツを脱いでからのボディーサーフィンが最高に気持ち良かった。

サーフィンは水面で遊ぶけど、ボディーサーフィンなら水中から水面まで水に触れてる範囲が広いもんね。

その分たっぷりと海を感じれているようで、癒し効果も抜群である。

さてさて、2018年最初のサイクロンはいつになったらやってくるのかな?



キーワードで検索