【バーレーヘッズで飲む食べるアフターサーフィン】Club Burleigh Single Fins Restaurantはとってもローカルな雰囲気


先日、6000人以上の観客を動員した、バーレーシングルフィンフェスティバル。

その会場にいくつも並んでいた中の一つのブースを覗いた時に紹介してもらった、Club Burleigh。

なんでもバーレーボードライダースの新しい本拠地であり、レストランとパブもあるローカルパブなんだけど、一般客もウェルカムなんだとか。

そこへは、バーレーヘッズのビーチからは歩いて7,8分位の距離にある。

シングルフィンフェスティバルのブースで、メンバー入会の時にもらったドリンクカードを持っていけばタダでビールが飲めるとゆうことだったので、早速行って来た。

入り口で改めてメンバーになるための手続きを済ませ、貰ったドリンクカードをチェックしてもらったら、なんと40ドル分も入っていた。

どんだけタダで飲ませてくれるんだよ、バーレーボードライダースさんよ(笑)





バーレーシングルフィンレストラン


サーファーが喜びそうなレストランの名前。

メニューの感じはバーガー、フィッシュ&チップス、ローストビーフにステーキやパスタ&ピザといった、ローカルパブそのまんまであった。

やっぱりオージーの定番は、こんなトラディショナルなスタイルのローカルパブなんだよね。

特に変わった感じもないなぁなんて思ったのだが、ビールを買いに行った時に驚いた。

なんとバーレーボードライダースのビールがあるではないか。



バーレーヘッズファンならとにかく飲まなきゃでしょ。

種類はラガーとゴールドで、値段の5ドルと4ドルとゆう安さにも惹かれた。



バーレーでサーフィンした後にここに来て、ビール飲みながらフィッシュ&チップスでも食べれば、ゴールドコーストのローカルの空気がそのまんま楽しめるではないか。




最近あちこちに登場しているお洒落なレストランも魅力的だけど、ぼくはこういった昔ながらのローカルパブのほうが気楽に入れるので好きなんだよね。

もちろんキッズルームも併設されているので、うちの子供たちも安心して一緒に来れるね。

店内にはビリヤード台があったり、所々に飾られているサーフボードたちもこれまたレアな奴らで、ぼくが最初に目についたのはアランバーンのボードだった。



大きなスクリーンではサーフィンの映像が流れているし、周りは完全にローカルばかりでバーレーヘッズな雰囲気がばっちりだった。



バーレーでのサーフィン帰りに、ちょっと気軽に立ち寄るローカルパブならここで決まりだね。

キーワードで検索