バーレーポイントで小波サーフィン。ヒザモモの波で週末を過ごす








練習にはならないが、気分はスッキリ



そういえばサーフィンの練習っていったって、サーフィンは毎日が本番なんだから練習とかじゃないんだよね。

練習ってのは目標ある人が使う言葉なんだから関係ないか。

ぼくはまぁこんな日のサーフィンでも、本気で挑んできたってわけだ。










場所はバーレーポイント




本来ならばサイズアップした時に本領発揮するポイントブレイクなのだが、極小波でも割れる時は綺麗に波が続くのだ。

そして今日は日曜日で、ぼくの仕事休みと子供たちの学校休みが重なった、ファミリーデーとなった。

カランビンでやってたWood Surf boardイベントに顔を出そうと行ってみたのだが、日曜日のランチタイム前に車を停めるスペースがある訳が無い。

一周して諦めて、バーレーヘッズに向かったのだった。

バーレーヘッズでは大丈夫なのだ。

混雑しててもなぜかすんなり停めることができるのが、我々黒川ファミリー。

家族みんながラッキーを持ち合わせてるので、ふんだんに使わさせてもらってるとゆう訳。









バーレーヘッズの週末





バーレーヘッズの週末は、リラックスモードたっぷりで雰囲気抜群。

サーフィンはもちろんのこと、レジャーシートに腰かけた若いグループやカップルが楽しそうにチャットしてたり、静かに読書を楽しむおじさんや、ぼくらのような子連れのファミリーが集まって、のんびりした時間を楽しんでいるのだ。

そんな中でサーフィンをしてきたのだが、海の中に入ってたサーファーは7,8人で、ギャラリーはざっと200人くらいか。

こんなところで入るのは若干気が引けたのだが、久しぶりに波がブレイクしているところをみたとあって、元気よくパドルアウトしたのだった。









せっかくだからと奥さんがiPhone で撮ってくれたムービーは、せっかくだったのに娘の邪魔が入りぼくのライディングが隠れてしまったのだ。

小波ながらも、バシっといい当て込みができてたんだよほんと。











久しぶりに入って気持ち良かった。

渇いたスポンジ状態になってたぼくの身体に、海水がどんどんしみ込んでくる感覚がたまらなく、エクスタシーを感じたのだった。

ほんの少しだけだが波にも乗れて、息も上がっちゃったんだけど、入ってよかった。

海があってよかった、波乗りをしていて本当に良かった。


予報ではちょっとサイズアップしてくるとか。

本当かな?(笑)




ゴールドコーストの小波記録はまだまだ続きそうな予感である。













【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!





















キーワードで検索