極上ブレイクなるか!?バーレーヘッズのはるか沖の波。


バーレーの裏ストリートの家






シャーキーズを独占し立った朝


サイズアップ中のゴールドコースト、ちょうどよくイースターホリデーが重なってるので、サーファーの数が多い海の中。

混雑といえば受け止め方がネガティブだし、人が多くて賑やかだといえば雰囲気良くて楽しくも思える。

ぼくはバーレーでサーフィンする時は、混雑している時の方が好きなんだ。

だって大勢のサーファーたちを眺める大勢のギャラリーで、バーレーヘッズが賑わっているからだ。

その大勢のギャラリーの隙間をぬって、ボードを抱えてエントリーポイントへ向かって行くときが、なんだかめちゃくちゃテンションが上がるんだよね。






ショートライドを10本


今朝の波はオーバーヘッドまで上がった。

うねりの向きが東すぎて合ってないので、せっかくアウトで割れてもチョイノリで終わってしまう波。

それと地形については全く砂が入ってなくて、本来波が割れるエリアがめちゃくちゃ深くなってるんだよね。

残念ながらクラッシックバーレーといった、超ロングウォールはもうしばらくお預けな感じである。

波チェックの時点ではインサイド狙いだったのだが、ゲッティングアウトしながら海を感じていると、やはりアウトで割れる波にパワーがあって、それが狙い目だと判断した。

そしてぼくの大好きなシャーキーズに行ってみると、ちょうど波が割れるところを見つけることができた。





うちの枕元





シャーキーズって自分の寝室に大きなフォトキャンバスを飾るほど、夢に出てくるくらい大好きなポイントなんだよね。

大好きとゆうか、ぼくのサーフィンはここでロングバレルをメイクすることに、全身全霊をかけている。

だから今朝みたいな誰も波待ちしていなかったシャーキーズのポイントでも喜んでそこに行ったし、ショートライドだがソリッドなドロップをかまして、オーバーヘッドの波に乗れたのだったから、自分の判断は間違ってなかったといえるだろう。








サーフィンのスピード

他のサーファーたちはもう少し左の方のアウトにちらほらと、インサイドのコーナーに5,60人がせめぎ合ってた。

ぼくは一人でシャーキーズの波に乗っていた。

ほんとにショートライドだったが、時速35.2㎞も出ていた。

たぶんだけど、今朝のベストスピード賞はこれだろうな。

うねりがもう少し南へスウィングすればポイントブレイク炸裂になるだろうし、このままサイズダウンに加えてオフショアになれば、ビーチブレイクがいい感じだろうな。

どっちでも楽しいだろう、だって毎日サーフィンできるのだから。

明日もいい波乗れますように。





【今ぼくが読み終わったおすすめの本】

いつもKindleで読んでるんだけど、ほんとは紙の本が好きなんだよね。

読み終わった本を、こんな感じで本棚に並べておきたいんだ。

そしてこうやって本のタイトルを眺めているだけで、内容を思い出しながらその時に運が感じていたことを思いにふけるのが好きなんだ。






0 件のコメント :

コメントを投稿