【平成最後の大記録】100日連続サーフィン達成した朝は、ニュージーランドからしげちゃんが来てくれた。


001になってた(笑)





1日も休まずにサーフィンしていた


かねてからブログで伝えていた、100日記録を達成することができた。

2019年1月20日から数えて100日目となった、4月30日の今日もいつもと同じように朝のサーフィンを楽しめた。

一つだけいつもと違ったのは、ニュージーランドのタラナキとゆうところに住んでいる、シゲちゃんが一緒に入ってくれたところだ。

シゲちゃんはホリデーで家族と遊びに来ていて、この朝のセッションがシゲちゃんにとって、初めてのゴールドコーストでの波乗りだったのだ。

それに加えて、ぼくの100日記念。

偶然と言えばそれまでだし、こんなタイミングで一緒に波乗りできることになったんだから、ただならぬ縁を感じてしまっている。





タラナキで会った


ぼくとシゲちゃんの出会いは、1年ちょい前だった。

ぼくの弟分であるナリと、奥さんのメイちゃんの結婚式に招待されて、タラナキに行った時に会っていたのだ。

その時はそんなに話さなかったのだが、ナリとゆう共通の友人を持ち、そしてまたナリとゆうやつはかなりの人格者なので、周りにもいい人間が多いのだ。

シゲちゃんもやはりその中の一人なので、こうしてホリデーで遊びに来ると聞いた時も二つ返事で、「よし、ぼくがサーフィンに連れて行くよ」と引き受けたのだった。

サーファー同士とゆうのは、仲良くなりやすい。

その人のバックグラウンドがなんであれ、むしろ最初からそんなことを気にするやつもいないのだが、とにかく波乗りが好きとゆうことであれば、すぐに打ち解けるのだ。

1年半ぶりの再会となったシゲちゃんとも一瞬で打ち解け、ぼくのホームビーチであるマイアミビーチへ案内した。

そこでぼくとシゲちゃんは、小1時間のセッションを楽しんだ。

シゲちゃんのボードは、手に入れたばかりのツインフィン。

ぼくはDVSのシングルフィンで、両方ともオレンジ色のかっこいいボードだ。

水温の低いところから来たシゲちゃんは、「水が温い!!」って喜んでたけど、ゴールドコーストはもう秋である。

ぼくにとってはヒンヤリ冷たくて、1発目のドルフィンスルーで首が引っ込んでしまった(笑)








100日でサーファーになった


おかげさまで100日を達成することができた。

何が100日ですごいのか分からないが、シゲちゃんは喜んでくれてぼくの記録を称えてくれた。

そして「ようさんって海と一体化してますね」って言われたのが、めちゃくちゃ嬉しかった。

海と一体化。

この100日で何か変わったのかもしれないし、気のせいかもしれない。

でもサーファーにとって最高の誉め言葉である、「海と一体化してるね」ってゆうのを素直に受け止めることができた。

ほんと嬉しかったなぁ。

明日もいい波乗れますように。








0 件のコメント :

コメントを投稿