カランビンアーリーの裏には誰も乗っていないファンウェーブがあった






人工リーフが始まる


日を追うごとに、サンライズの時間が遅くなってきているゴールドコースト。

6時になっても、家の中はまだ真っ暗なんだよね。

なんとなく起きづらい季節になってきてるんだけど、サーフィンに行く時間はいつもと同じ。

今年はまだ暖かいね。

なんだろうねこの感じは。

例年とはちょっと違う気がする。










今朝のマイアミビーチはあまりにもショアブレイクだったので、たまには違う場所へ行きたくなった。

たまにこんな時もある。

ぶらーっとぼーっと、どこかに行きたくなる時が。






湖みたいだったバーレーヘッズを通り過ぎて、パームビーチへ。

25thをチェックしたんだけど、小波だったのでパス。





海の中では、人工リーフの工事がいつの間にか始まっていた。

これから沖合270mのところにArtificial reefを埋め込んで、浸食から海岸を守るらしい。

このArtificial reefが成功すれば、スーパーバンクが形成されるのは間違いないのだが、それが何年もつのかは誰にも分からないんだよね。

同じくナローネックにもArtificial reefが埋められているのだが、波が良かったのは最初の数年だけだったらしい。

今では普通のビーチブレイクだもんね。




2年前にはノースバーレーからサーファーズパラダイスの沖合に、船で噴射した砂を溜め込むとゆう作業をやっていたが、あれはよかった。



マイアミビーチで14億ドルのグッドウェーブ
https://www.spirit-kooks.com/2017/07/goodwaves-14milliondollors-miamibeach.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019

14億ドルかけたマイアミビーチの三角波。そしてキープサーフィン
https://www.spirit-kooks.com/2017/07/aframe-miamibeach.html
サーフィンブログ Spirit Kooks 2019



あの後すぐはめちゃくちゃいいAフレームの波がバンバン割れてて、かなりいい思いさせてもらったもんなぁ。

まぁそれも今はもうないんだけどね(笑)







今年は海はフラットの日こそほとんど無いものの、これぞゴールドコーストと言えるようなグッドウェーブな日がほんと少ないんだよね。

そこそこなうねりが入って来てても、アウトで割れてないんだよ。

たぶん海底が深いんだろうな。




あるところにはある

で、ぼーっと車を運転しながら、なんとなくカランビンまで行ってみた。

たまにはいつもと違うスポットで入りたくなるんだよね。

それでアーリーをチェックしてたんだけど、やっぱり面ツルで波はスーパースモール。

乗れる気もしない感じだったが、行ってみないことには分からない。

それにまぁこんなもんだろうと分かってたから、とりあえずパドルアウト。

たまたま見つけてた、インサイドのブレイクを目指そうと思ったんだ。

そしてウォームアップと瞑想をして海に入る準備万端で、なんとなくロックの裏、南側のビーチを見ていたら、なんと波があったのだ。

セット間は長かったのだが、他には誰も入っていないし、どこよりもサイズがあって綺麗に割れていた。

海って不思議だよね。

ちょっと移動しただけでこんなに違うんだから。

ここでは、ロックの上で釣りしてる人たちに見守られながら、ぼくは一人でハラムネの波にゆったり乗って、気分がよかった。

なんてったって一人だったからね。

波数は少なかったんだけど、乗れる波は全部自分だけで乗ることができた。

たまにはこんな日もあるんだな。

さて明日はどうだろう?

D-bahかストラディーか。

それともマイアミでサクッと入るのもいいんだけどね。

今日もありがとうございました。

明日もいい波乗れますように。






0 件のコメント :

コメントを投稿