【波乗り速報】ゴールドコースト、バーレーヘッズに冬のグランドスウェルが入って来た




バーレーポイント、グランドスウェルが入ってきた朝




必死のパドルで奥に向かうとシャーキーズに辿りつく。

そこで波待ちしているのは4人だけで、他のサーファーはみんなコーヴの方に集まっていた。

波のサイズは3-4ft。

ショルダーが長くてちょっとパワフル。

チューブはインサイドにあるが、流れが強すぎてキープ出来ない。









ぼくが最初に乗った波はセットだった。

テイクオフは楽勝でボトムまで下りて、もうちょっと深いところまで行ってからのボトムターン。

ドライブが効きにくいなって思った気がしたが、もう一度深いボトムターンをしてみた。

やっぱり伸びなくて、波に捕まりワイプアウト。


これがその時の動画だ。










このDHDProject15 5'10 19 2'5/16は、パワーがあってサイズのある波には短いと感じるようになってきた。

6'4のMcTavishのシングルフィンなら余裕のライドが出来るんだろうが、現在オファーが来ているのでガレージで保管中なのだ。

あのボードを手放すのは寂しいが、次のボードに行きたいのでここらが節目なんだろう。




50秒間のロングライド









今日の波は、冬のスウェルにしてはかなりご機嫌な方だね。

ゴールドコーストの冬(6月から9月)は、だいたいスモールコンディションのときが多いのだが、こうやってたまに入ってくるやつはパワーがあっていい波乗りができる。

ヘッドランドでは、バーレーヘッズボードライダースがコンペの準備をし始めていて、それと同時に海の中に入ってくるサーファーの数も増えてきた。

ぼくは早々に退散することにして、後に乗った波で50秒間のライドでインサイドまで帰ってこれた。









8月20日日曜日、バーレーヘッズ。

満潮は午前6時57分 +3.9

サンライズは午前6時12分だった。







【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!



キーワードで検索