【波乗り速報】ゴールドコースト、バーレーヘッズに冬のグランドスウェルが入って来た

バーレーヘッズ グランドスウェル 3-4ft




必死のパドルで奥に向かうとシャーキーズに辿りつく。
そこで波待ちしているのは4人だけで、他のサーファーはみんなコーヴの方に集まっていた。

波のサイズは3-4ft。ショルダーが長くてちょっとパワフル。

チューブはインサイドにあるが、流れが強すぎてキープ出来ない。



ぼくが最初に乗った波はセットだった。

テイクオフは楽勝でボトムまで下りて、もうちょっと深いところまで行ってからのボトムターン。

ドライブが効きにくいなって思った気がしたが、もう一度深いボトムターンをしてみた。

やっぱり伸びなくて、波に捕まりワイプアウト。



このDHDProject15 5'10 19 2'5/16は、パワーがあってサイズのある波には短いと感じるようになってきた。

6'4のMcTavishなら余裕のライドが出来るんだろうが、現在オファーが来ているのでガレージで保管中なのだ。
あのボードを手放すのは寂しいが、次のボードに行きたいのでここらが節目なんだろう。

50秒間のロングライド




今日の波は、冬のスウェルにしてはかなりご機嫌な方だね。

ゴールドコーストの冬(6月から9月)は、だいたいスモールコンディションのときが多いのだが、こうやってたまに入ってくるやつはパワーがあっていい波乗りができる。

ヘッドランドでは、バーレーヘッズボードライダースがコンペの準備をし始めていて、それと同時に海の中に入ってくるサーファーの数も増えてきた。

ぼくは早々に退散することにして、後に乗った波で50秒間のライドでインサイドまで帰ってこれた。

8月20日日曜日、バーレーヘッズ。

満潮は午前6時57分 +3.9

サンライズは午前6時12分だった。