【サーファー必見】混雑を避けて波に乗る方法

いい波が立つ有名ポイントでサーフィンしたい人へ


混雑を避けて好きなだけ波に乗る方法とは、太陽が昇る前からパドルアウトすることである。

ほんの30分から1時間早く起きれば、どんなに人気のスポットでも大勢が押し寄せてくる前に波に乗れるはず。

ゴールドコーストで人気のスポットと言えば、スナッパーロックスやD-bahが一番に挙げられる。

よほどのオンショアで乗る波さえ無いコンディションの時以外は、常に混雑しているところだ。

でも波のクォリティーは最高にいい。見ているだけでも綺麗に割れていく波は、実際に乗るとアドレナリンやらドーパミンなんかがどんどん出てくる。

病みつきになること間違いなしなのだ。











ぼくもD-bahのいい波に夢中になっているサーファーの一人。

家の近所でサーフィン出来ない時は、気が付いたらそこに向かっているのだ。

いい波に乗って、海の中で気分のいい時間を過ごしたい。

でも混雑していると波に乗れなくてイライラしてしまう。でも波に乗りたい。

だからぼくはD-bahやスナッパーでサーフィンする時は、太陽が昇る前にパドルアウトするのだ。

ぼくと同じことを考えている奴はいくらでもいるので、いつ行っても一番乗りってことはないんだけど、混雑していない海の中は平和そのもの。

隣で波待ちしているおじさんとも争わなくていいので、お互いニコニコしながら声を掛け合ったりしたりして。







1日の初めにやりたい事をやってしまう

太陽が昇る30分前から明るくなり始めるので、今の時期なら午前5時35分から入水だ。

朝一のサーフィンでは混雑を避けていい波に乗りたい放題とゆう利点があるが、実はもう一つある。

それは1日が有効に使えるのだ。

例えば5時半から海に入って、7時には上がるとしよう。1時間半も波の乗れば十分満足するはずだ。

そして家に帰って朝ご飯を食べても、仕事に行く前にゆっくりとした時間が取れるはず。

実際ぼくがこのブログを書いている時間も、朝一のサーフィンを終えて仕事に行くまでのリラックスした時間を利用しているのだ。

毎日最初に自分のやりたい事をやっておくと満足感いっぱいで、その後の気持ちに余裕ができるから、色んなことが上手くいくようになる。

これが朝一にサーフィンするもう一つの利点。

まぁこれはサーフィンだけじゃなく、違うことにも置き換えて考えれるはず。勉強だったり、秘密のプロジェクトを進めたり、朝一の時間は何かと有効に使えるのだ。










【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!