キーワードで検索

【サーフィン】波待ち中に潜れば、肺を鍛えるトレーニングになるはず


目標の4分間は映画の世界





やっと海に戻ってきた。

今週は仕事の時間が長すぎて(なんと毎日10時間も!)、ビーチに近づくことすらできてなかったんだけど、今朝はしっかりと海に入ってきた。








サンライズが6時20分になってたんやね。

今日は北風で波がほとんど無いに等しかったんやね。

海から離れてしまうとそんなことにも気づかない。

仕事の波にワイプアウトしたようでなんか悔しい。





去年までのぼくは多く働けばその分幸せになると思い込んでいたので、海に入る時間も仕事に費やしていたんだけど、それは人生においてなんの重要さも無いことに気づいてから(この辺のブログかなそろそろワークホリックを辞めて、ちゃんとしたサーフィンライフへ戻ろうかと思う )、あまり仕事に気力を使わないでなるべくいつも海に来るようにしているのだ。




しかし残念ながら今日は波がほとんど無かった。

海に浮かんでノンビリってのが出来るほどメローな性格でもないんで、ボードに腰かけながら色々思考を巡らしたり、それであっと思い出したのが最近観たサーフィンムービーマーヴェリックス/波に魅せられた男たち [DVD]のマーヴェリックスの主人公ジェイの事。




あの映画の中で(実話なんだけど)ジェイは海の中に潜って4分間息を止めるトレーニングをしてたから、ぼくもそれをやってみることにした。

幸いノーリシュでパドルアウトしてきたので、どこまでも潜り放題。

まず1回目。潜って2mそこそこの海底にタッチした瞬間に胸が苦しくなって急浮上。タイムを見たらたったの15秒だった(笑)

これじゃあマーヴェリックスどころか、バーレーヘッズで死んじゃうかもしれない。

そして2回目、3回目と続けるが3秒間くらいしか伸びず、改めてジェイの凄さが分かった。とゆうよりもまぁぼくがヘボ過ぎるんだろう。

そして何回か潜ってる間にセットがやって来てて、水面に浮かべてたボードがインサイドまで流されてた。。。

なんだよって思いながら泳いでインサイドまで戻る羽目に。





ここでバッドラック発生!!なんと頑丈なはずのMcTavishボードが、テールがパキッと割れてしまってたのだ。

あんなに柔らかいビーチの砂でも、サーフボードって壊れちゃうんだね。

残念ながらリペア行きが決定。まぁそんなこともあるでしょ。

そしてそんな事をしてる間にも着々と潜り続けて、最終的には25秒まで伸ばすことが出来た!しかしこれじゃあバーレーヘッズどころか、ビーチで遊んでても死んじゃうレベルだな。

このままじゃヤバいので、ちょっとトレーニングでもやろうか?
あ、その前にもう一回マーヴェリックスを観て、ジェイの潜り方を見てからにしようかな。










【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!