【おすすめサーフィン映画】ドリフト 神がサーフする場所

オーストラリアが舞台の映画ドリフト 神がサーフする場所がおススメな件について





ストーリー

この映画は1960年代後半から70年代にかけての、オーストラリアンサーフシーンを背景にした物語。

ウェスタンオーストラリアのサーフィンコミュニティの中で育っていくケリー兄弟(アンディとジミー)が、自宅のガレージから始めたサーフビジネスを大きくしていくのだが、バイキーやポリスたちとドラッグやお金の問題を巡って次々に巻き起こる問題に直面し、その度に乗り越えていく青春物語。

弟のジミーは自由気ままにサーフィンライフを送っていきたいと思う一方で、兄のアンディは貧しい生活からなんとか抜け出そうと、その方法をサーフィンビジネスに委ねていく。

映画は実話を元に作られており、クイックシルバーやビラボン、リップカールが世界トップブランドになる前のストーリーを描いていると言われている。



感想

サーフィンの青春映画といえば地味なイメージを持たれそうだが、サーフィンの映像がすごくキレイでデカ波は見ているだけど興奮ものだった。

淡々と進む物語なんだけど、バイキーやポリスとのいざこざも起きてハラハラさせられたり、暴力的なシーンもでてきたりする。

ちょっと貧しい生活を送る兄弟や友人、家族なんだけど、それほど暗い感じで描かれてないのがオーストラリアらしさなのかなって思ったりもした。

サーフィンと自由な人生、そしてそれらをビジネスにしていく人間がいて、今も昔も変わらないローカルなサーフシーンが満載の魅力的な映画だ。

サーファーでない人にもおススメである。






キーワードで検索