今日、豪州では父の日。家族で過ごした1日あれこれ





今年もやって来た父の日。オーストラリアは日本と違って9月の第一日曜日となっている。

去年は何をやってたのかな?波はどうだったのかな?たぶん仕事が忙しくて何もやってなかっただろうな。思い出が無いなんて悲しいぞ。

さて2017年9月4日父の日の波はとゆうと、残念ながら北風ビュービューでノーサーフとなってしまった。

父の日だからとゆうことでもないのだが、うちではいつも通りの休日を過ごすこととなった。

こんな日も後々になってみれば楽しい思い出になるのかもね。

そんな日常の一コマ。


Organic market



朝は家の近所、マイアミハイスクールの校庭で行われているオーガニックマーケットに行った。そこでランチに使う野菜などの買い出し。

いつも多くのローカルで賑わってるんだけど、こういったマーケットではお買い得なものを見つけるとゆうのは無駄な行為であって、安全で健康にいい食材を適正な価格で手に入れるところなのだ。

だからぼくのように「こんなに高いのか!」といちいち驚いていては何も買えないのだ。

Burleigh heads




日曜日のバーレーヘッズほど混雑している所はない。なぜこんなに人が集まるのか?

それは素晴らしいロケーションとサーフィン、ウォーキング、BBQエリアにピクニックなどなどたくさんの楽しみ方がある所だからなのかな。

こんな日のランチタイム前に車が停めれるはずがないのだが、うちの家族はラッキーに恵まれているので、いつもすんなりと空きが出て停めれるのだ。

たぶんバーレーの神様に好かれてるんだと思う。

ランチは奥さんの手作りで、ほんの30分程でちょちょいと仕上げていた。インスタ映えはしないが、家族の健康を考えてオーガニック食材をふんだんに使った愛情たっぷりのランチボックス。

ナショナルパークは舗装されて歩きやすくなった


昔は、、、なんてオジサン臭いことを言うつもりはないが、ちょっと近寄りがたいイメージなバーレーのナショナルパークが好きだったのに、こんなにキレイになったらみんな来ちゃうじゃないか。って思ってたらやっぱり混雑していた。

このままだと次の夏のバーレーポイントは、ビジターサーファーで溢れかえるだろうな。


キンドルで読書


子供達ともせわしなく遊んだりしたのだが、今日は父の日ってことでやはりのんびりしたかったので読書に専念させてもらった。最初の5分は話しかけて来てた娘たちも、ぼくの空返事から状況を理解して一人にさせてくれた(笑)


今読んでいる本は 八月十五日に吹く風 とゆうタイトルで、第二次世界大戦の時の話。アメリカ側にいる人間と、日本側のストーリーが同時に進んでいて、状況が多角的に読み進めれるのですごくいい。

しかし大日本帝国が、アメリカ領土に国旗を突き刺した瞬間があったなんて知らなかったな。






ビール



休日と言えばビール。このバーレーヘッズではアルコール禁止となっているのだが、飲んでいる人は多い。

まぁ宴会をしている訳じゃないから見逃されているのかな。

カップルや若者グループが海を見ながらコロナを飲んだり、老夫婦がワインを楽しんでいたりとなかなか絵になっていた。

ぼくらもお気に入りのビールSingle Fin Summer Aleを飲んじゃおうと思ったのだが、栓抜きを持ってくるのを忘れてしまいお預けとなった。

まとめ


父の日らしいことは何もしなかったが、ぼくが一番好きな場所でそこそこ好きなことができた。

そんな日を過ごさせてくれた娘たちに感謝いっぱいである。






キーワードで検索