キーワードで検索

【サーフトレーニング】1日5分で効果が期待できる。ターンに必要な身体のしなやかさを養う方法を見つけたった







自分ではレールを使った大きなターンをしているつもりでも、実際は波のパワーが無いところでボードがちょっと動いているだけとゆうのは、ぼくのサーフィンだけではないはず。

ターンをする時にレールが引っかかって失速する主な原因は、身体のしなやかさが足りないからだとゆうサーフィンウェブマガジンの記事を発見した。

どんなに鍛え上げた筋肉を持ってしても、しなやかさが無ければ大きなターンを成功に導くことは出来ないとゆうことだ。



自分でもやってみた




肩幅に立つ




お尻を後ろに出しながら上体を前に倒す





両手を前から床に着く



ヒザを深く曲げ両腕はヒザの内側へ、スクワットポジションを取る。


かかとは床にしっかりと着けておく。



背筋をまっすぐ伸ばし、胸を少し前に突き出す


肘をしっかり伸ばし、肩を後ろへ回す。

腕を耳のそばを通して、右手を外側から斜め45度上に向ける。



左手も同じように伸ばし、Vの字を作る




2秒間ホールドし、足の外側へのプレッシャーを意識しながらそのまま真っすぐ立ち上がる



これを繰り返す




意識する部分



太もも、お尻、腰、背中






まとめ


これなら忙しい毎日を送っている人でも毎日できそうでしょ? 元の記事には3日も続ければ効果が表れるのを実感できると書いてあった。

ぼくの奥さんによると、こういった動きはヨガにあるらしい。ヨガをやってる人には馴染みなのかな。

ぼくは仕事中の暇な時にちょっとずつやってみるようにしている。

まぁ波が無くてどうしようもない時にでもどうぞ。


参照元http://www.theinertia.com