キーワードで検索

ゴールドコーストの夏、早い夜明けのバーレーヘッズ。


このサーファーはインサイドまで乗って行ってた

夜明け前に海へ


午前4時13分。

目覚ましアラームが鳴る2分前に目が覚めた。

今日はオフなのでこれからすぐに海に行けると思うとすんなりベッドを飛び出して、寝る前に頭の中でシュミレーションしたとおりに準備に取り掛かった。

ちょっと急いで車に飛び乗ったのには理由があって、どうしても夜明け前のまだ暗いうちから海に入りたかったからだ。


ぽっかり浮かぶ気球を発見


海とは反対方向の空に、気球が浮かんでいた。

あまりにも静かに飛んでいるので、空にくっついているように見えたので何か物珍しくなって車を停めて写真を撮ってみたけど、そんなに興奮するもんでもなかったかな。

後でチェックしてみたらなんてことない写真だったので、自分のセンスの無さにガッカリ。でもとりあえずブログにはアップしておこう(笑)

インサイドではこのようにクローズアウトしてしまう波もあった

ピークからはチューブもあってファンウェーブ


バーレーに着くと海の中にはすでにサーファーが入ってて、全然一番乗りじゃなくてもう一度ガッカリ。それに太陽はもうすでに水平線を超えて昇り始めていた。


波は結構良くてムネカタ位のファンウェーブ。右から左にキレイに割れてきてピークではチューブになり、乗り継いでいくとどんどんフェイスが張って、底が浅いセクションに入るとクローズするといった感じの波。簡単に乗れるから、ぼくはこんなバーレーも大好きなのだ。
ローカル親父が乗っている板を盗撮(笑)


でも波が良かったのは7時くらいまでかな。それを過ぎると波が段々小さくなって、それでも人はどんどん増え続けてきたのでぼくは早々と退散することにした。

今日は朝一にサーフィンが出来る最後のチャンスだったので、来れて良かった。波に乗れてよかった。

明日からクリスマス後まで連勤が続くので、サンセットサーフをすることになるかな。朝の冷たいフレッシュな空気がちょっと名残惜しいなぁと思いつつ、バーレーを後にした。




【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!