キーワードで検索

今年最後の火曜日なのでバーレーでサーフィンしてみたら。

あと2日で2015年も終わりだけど





年の暮れとゆう雰囲気は全く感じないのがゴールドコーストのいいところで、あと2日で2015年が終わるとしてるのに、そうゆう事を話題にする人ってあまりいなくて、ごく普通の一週間が過ぎようとしている。

でもぼくは、今日が最後の火曜日だと気づいた時点で海に行きたくなったのだ。だって「そういえば2015年最後の火曜日はサーフィンしてたよ」って言いたくなるかなって思って。来年あたりに。たぶん。。。






SSE 18knotはオンショアだった



せっかく行ったのになぁ、まぁ分かってたことなんだけど事前にウェブのサーフカメラで見ていた通り、オンショアを食らっててあまりキレイに割れてなかった。

それでも入ってみるとやっぱここはバーレーやなぁと思わせてくれたことが一つあった。
それはカレントがめちゃくちゃ強くて同じ位置をキープするだけで精一杯、セットをドルフィンすればボード3つ分は後ろに流されるとゆう状況で、これはまさにポイントブレイクのバーレーっぽいっと思った。
そんな中、ぼくと周りにいた5,6人が必死でピークをキープしている時に、海の神様はぼくに向かってセットを投げ込んできた。
入水してほんの5分でやってきた幸運をしっかりつかんで難なく乗ったんだけど、トップでずっこけるとゆう何ともみっともない姿をさらしてしまったのだ。
後は強いカレントに身を任せながらビーチ正面までたどり着き、もう一本乗ってから上がった。




メモリアルセレモニーを見かけたので







ビーチに向かって、手を振っていた人たちを見つけたので、何かと思って近づいてみると、メモリアルセレモニーをやっていたようだった。

みんなに見送られて天国へ行った方もウォーターマンやったんかな。ライフセーバーのゴムボートが沖へ出てお花を投げていたように見えたけど、こうゆうお別れのやり方もあるんやね。

そしてこうゆうのを見るとちょっと考えるよね。
生きてるからこそ最期もやってくるこの人生ってやつを、このたった今をちゃんと楽しめてることに胸が熱くなるほど感謝の気持ちが湧いてきたりするね。

今年最後の火曜日はバーレーに来てよかったなぁ(笑)