6ftのカランビンアーリーで躊躇なくパドルアウトした結果

ゴールドコースト待望のサイズアップでトリプルオーバーヘッド

かなりサイズアップしてしまったので迷わずポイントブレイクへ。
バーレーヘッズ、カランビンアーリー、キラの中から選んだのは、
カランビンアーリー
なんとなく昨日の夜から狙っていたのだ。
駐車場がガラガラなのと、CTサーファーのビードダーベッジも躊躇していたのがちょっと気になったが、20分間ちゃんと波チェックしセットの大きさも確認して、ぼくは行けると判断したのでパドルアウトした。







実際に海の中から見ると本当にデカい波だとゆうのがよく分かった。水平線を持ち上げる程のパワーでセットが入ってくる。
これがトリプルオーバーか。
ブレイクし始めたピークからレイシーズまで、同じサイズをキープするパワフルさに武者震いがしたね。
こんなサイズの時にあのロックがあるピークから乗ったことないくせに、大きな事を言ってみるけど「たぶん乗れる」
デカイ波だけどちゃんとショルダーが張ってるもんな。
この強烈なカレントの中で、どうやってピークまでたどり着くかが問題なんだけどね。
こいつらみたいにジェットスキーを使えば簡単なのかもしれない。やったことないから分からないけど。








波がデカイ時って、ビビって躊躇するけど行かなきゃ分からない。
アウトに出てみれば、「あ、結構乗れるかも」ってポジティブな思いになるもんなのだ。
しかし改めて気づいたんだけど、カランビンアーリーがゴールドコーストで一番大きい波になるね。
バーレーよりもキラよりもはるかにデカイ。
無難な波に乗るのか、乗ったことないデカイ波に挑戦するのか。
どっちでもいいんだけど、なんでもやってみないと分からないぼくは、自分が行きたいと思えば行ってみる。
そこがどんな所だったのか、何があったのか等、
あとで話したいもんね。





まぁ今日は乗れなかった原因はパドルでピークに戻れなかったことと、ちゃんとショルダーから乗れるポジションを分かってなかった事かな。
カランビンアーリーではトリプルオーバーでもキレイに割れていくし、カレントの強さも半端ない。でもちゃんとアウトに出れたし、たぶんもう少し考えればあそこの波も乗れると思う。
自分で行ってみたからこそ分かった事があった。それだけでも次に繋がる大収穫。
明日はキラかな。





キーワードで検索