キーワードで検索

ゴールドコーストから離れたらレノックスヘッドで極上ウェーブ

オーストラリアのベストポイントの一つ

ゴールドコーストから83km車で1時間15分。
冬でもギラギラ照りつけてくる太陽と大きなヘッドランドに極上の波があるこの場所は、ぼくがこの東海岸で最も好きな場所だ。
南うねりをもろに受ける、程よく強いレギュラーポイントブレイクがあるレノックスヘッドにやって来た。
今日の波は4ft弱でちょっとタルイように見えたのだが、海の中に入ると思いっきりパワフルなブレイクだったので驚くと同時にめちゃくちゃテンションが上がった。
アウトには大体20人くらいかな。ローカル曰く今日の波はしょぼいとのことだったが、ゴールドコーストから来たぼくにとってはこれでも極上ウェーブなのだ。
ここでのエントリーは岩だらけのインサイドから入水となるので、ボードを壊してしまうんじゃないかと毎回ヒヤヒヤさせられる。
自分が怪我してでもボードだけは守りたいから、いつもドキドキ&必死で入っていかなきゃならないのだ。
そして戻ってくる時も同じように、岩だらけの所から上がらなきゃならない。
今日も転んでるおじさんがいて、たぶんボードがボコボコになってた。可哀想すぎる。。。
家族が一緒にいたのでほんの小1時間で上がったが、波はめちゃくちゃ良かった。奥のピークから乗ろうとして何回パーリングしても、ローカルはニコニコ笑って波を分けてくれた。
最近はずっとMcTavishのシングルフィンばっかり使ってるんだけど、本当に自分と相性が良くて乗りたい波に乗りたいだけ乗れるから楽しくてしょうがない。
大きなラインを意識しなきゃと思いつつもこんな感じでトップターンを狙いに行ってみたり。
やっぱりリズムが難しくて2発目は転んじゃうんだけどね。
一番興奮したのはこの波で最後の張ってくるセクションでボードが思いっきり走ってくれたところ。
レノックスヘッドの波は、こんな小波でも思いっきりサーフィンできるので素晴らしいところだと思う。
ここで毎日サーフィン出来たら、波に乗るとゆうことがどうゆうことなのかもっと分かってくるだろうなぁ。



【レジェンドも愛用しているビーチサンダル】






今まで安いビーチサンダルを使い捨てしてたのだが、このアラジンサンダルを使い始めてから考えが変わり、愛情を持って使いたいと思うようになったほどの高品質ビーチサンダルである。

天然ラバー100パーセントの弾力で、ビーチまでダッシュしても脱げたり転んだりすることが無かったのでかなり履きやすいものと言える。

さすがメイドインジャパン。そこらのビーチサンダルとは比べ物にならない逸品である。




【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!