【ハンドシェイプ】ラスタのツインフィン。GMCサーフボード

 ギャリーマックニールがシェイプするラスタモデルのツインフィンボード





ここ最近はレトロからモダンなど、色んなスタイルのフィッシュボードがとても人気がある。

少しでも人と違ったカッコいいフィッシュが欲しい。だってワックスアップしてる時や、ビーチですれ違いざまにチラチラと注目を浴びたりすると、やっぱり嬉しいよね。

小波でもイージーに波を掴み、水面を飛び回る様に乗れるのがフィッシュボードだ。

ここゴールドコーストでもたくさんのメーカーからフィッシュボードがリリースされてるが、中でもソウルサーファーから週末サーファーなど、お洒落でアート意識が高いひとたちの間で人気なのが

GMCサーフボードのツインフィン

シェーパーのギャリーマックニールは、先日アメリカで行われたボードルームショーでのシェイピングコンテストに参戦し、たくさんの注目を集めてかなりの高評価を得ている。

気になるボードがあればとにかく手に取ってみたいと思うのが、サーファーの性とゆうものだ。

とゆうことで早速、いつもお世話になってるレトリックサーフでGMCのラスタツインを見せてもらってきた。

知らない人の為に説明しておくけど、ラスタとゆうのはデイビッドラスタヴィッチとゆう名前で、ゴールドコーストのバーレーヘッズ出身(生まれはニュージーランドのオークランド)、ソウルサーファーとして人気の高いプロサーファーだ。



カーボンレールとデッキ面にロゴが入ったシンプルなデザイン。

カーボンの色や位置、それにデザインシートなど、細かい所までカスタムオーダーに応じてくれる。

ギャリーマックニール本人によって、1本づつ丁寧に作られているクラフトボードとゆうのが最大の魅力。

ボトムに入ったコンケーブはかなり特徴的なんだけど、これをどこかで見たことがあると思った人は、最近のフィッシュボードをよく見てる証拠だね。

実はファイヤーワイヤーからリリースされている、ロブマチャドのGoFishとゆうモデルと同じコンケーブなのだ。

しかしギャリーマックニールの方がもっと早い段階から取り入れている上に、ハンドシェイプなので言うまでも無く、希少価値はかなり高い。

ロブマチャドのツインの事を書いた記事がこちら↓
ロブマチャドのツインフィンGoFishが気になる件






GMCサーフボードが手に入るのはレトリックだけ。



ここのショップはいつも忙しいのに、ワックスしか買わないぼくが無理やり長居して、店にあるボードを触り倒しては根ほり葉ほり質問しても、いつも優しく対応してくれるのだ。

店長のカズさんとギャリーマックニールとの信頼関係はかなり深いらしく、特にカスタムオーダーの際は、お客さんが納得するまで何度でもファクトリーに足を運んで話しをしてきてくれるとゆうスタイルでやっている。

まぁ当然なんだけど、お客さんからのフィードバックは常に高評価となっているのだ。

そしてこれはぼく個人のブログだから書けるのだが、カスタムオーダーをしても金額がそんなに高くないのだ。

日本でアメリカやオーストラリアブランドのボードを買うと高いでしょ?

あのファイ〇ヤーなんたらと比べると、5万円ぐらいは安いんだからかなり驚いた。

まぁ詳しくはレトリックに直接聞いてみるといいよ。

ぼくなら間違いなくハンドクラフトで希少価値の高いGMCの方を選ぶかな。

とゆうことで今熱いツインフィンで注目を集めている、GMCのラスタツインの紹介でした!

キーワードで検索