【サーフボード】ロブマチャドのツインフィンGoFishが気になる件

The Go Fish in France - Rob walks you through a fun session.  






このロブのライディングを観ていたら、ツインフィンに乗りたくなってくるのはぼくだけではないはず。

波の上を飛び回るようにスピーディーで、スムーズなターンを繰り返していくロブの姿が、ぼくはもう何度も繰り返しビデオを観てしまい、おかげで頭から離れなくなってしまったのだ。

このボードは ファイヤーワイヤーのGofishというモデルで 、ロブ自身がシェイプデザインしたとビデオの中で本人が語っている。



どんな波の時でも、とにかくサーフィンしたくなるのがこのGoFishだ。パワーの無い小波でも良く走り、オーバーヘッドのすごくいい波に乗って描くラインがまたユニークで、どんどん新しいラインで攻めたくなるのだ。アウトラインは昔ながらのレトロなフィッシュから影響を受けているが、細部に渡って私なりの改良を加えているのがよく分かるだろう。




ここ最近は各メーカーから色んなタイプのフィッシュボードが出ているが、このGoFishが気になる理由の一つはボトム形状だね。

ボードの中心より少しノーズ寄りの所から、サイドフィンの内側を通ってはっきりとしたコンケーブが入っているのだ。

むしろコンケーブとゆうかチャンネルと呼べる程の深さだとおもうんだけど、これがきっと波の上を飛び回る様にスピーディーに動き回る秘密になってるんじゃないかな。

ぼくは以前TomoのEVOに乗っていたんだけど、それにも同じようなコンケーブが入っていて、動きはまさに波の上を滑っているかのようで、色んなラインで波に乗ったとゆう、いい経験をしている。

このフィッシュボードブームの中で、何に乗ろうか悩んでたんだけど、ここへ来てピンとくるボードがあった。

ロブマチャドのGoFishを選べば間違いなくフィッシュボードが楽しめるはずだ。





ファイヤーワイヤー サーフボード GO FISH ロブ・マチャド [LFT]
 




キーワードで検索