【ニューボード初乗り】Dick Van Straalenのシングルフィン、レトロボードを初乗り@マイアミビーチ


ディックヴァンストラーレン 6'4



今日から新しいボード、Dick Van Straalen(DVS)シングルフィンとぼくのサーフィンライフが始まった。

ニューボードを下ろす時ってのは、まぁまぁな波の時がいいと決まっている。

今日みたいなハイタイドのプッカプカで、アウトで割れないうねりがミドルで割れて、インサイドで一気にどっかーんなコンディションは、まぁまぁ以下なコンディションなんだけどね(笑)


マイアミビーチ


11月4日土曜日。ゴールドコーストらしい晴天で気温は24℃。体感温度はもっと暑い。

波のサイズはハラムネってとこなんだけど、インサイドでは十分にすっぽり入れるチューブが巻いていた。

初乗りの舞台に選んだのはマイアミビーチ。

最初はバーレーヘッズに行ってみたんだけど、ロックの際でショアリーがブレイクしているだけだったので、ボードの安全を考えて今日はビーチに行くことにした。

新品ボードをバーレーで下ろして、その日のうちに壊した経験が、過去にたしか2回ほどあるのであっさりと引いておいたのは間違いない判断だったと思う。

マイアミビーチは南北にずーっと伸びててとっても広いんだから、もっと人が散らばればいいのにって思った。



みんないいバンクのところに集まってて、土曜日とゆうこともあってかなり混雑。

なんか嫌だなぁと思いつつも、気が付いたらぼくも混雑のど真ん中で波待ちしていたのだった(笑)

シングルフィンで乗れる波が無いのは分かっていたが、テイクオフの滑り出し位はどんなもんか見てみようとゆう事で、とりあえずまぁまぁ以下な波に乗った。

まぁまぁな波はガツガツサーファーたちが数人で取り合ってたから、そこへは突っ込んで行けなかったなぁ。

ボードがぶつかったら嫌だもんね。

だからまぁまぁ以下の波に乗ってみた。

ファーストインプレッション



初乗りの感想は、「なんだか今までと違うボードだ」だった。

このボードはレトロスタイルじゃなくて、レトロなのだ。

まぁ本当はサイズのあるいわゆるThe Dayの為に作られたボードなので、こんなまぁまぁ以下のビーチブレイクに乗って、このボードがどうだとか語るのはちゃんちゃらおかしいんだけどね。

The Dayの為のボードだけど、The Dayが来るまでいつも一緒に海に入って、その時が来るのを待とうと思う。

記念に撮ったDVSシングルフィンの初乗り動画はこちら



レイルが左右にくねくね入ってふらふらして、なんだか変なライディングになってしまった。

これがレトロなボードなのね。

明日もいい波ありますように。