【南半球は夏直前】バーレーヘッズでは貸し切り状態&小波コンディションでもファンサーフ






バーレーヘッズが一番!


今回は20日間余りも日本で過ごさせてもらい、そして今朝やっとホームに戻ってきた~!

昨夜までは成田空港で、日本の美味いビールを名残惜しむかのようにがぶ飲みしていたのが信じられないぐらいに、なんか遠い記憶に感じる。。

でも実際はさみしい気持ちもなんのその、ここに足を踏み入れた瞬間に、すぐにいつものGold Coastリズムに戻ったね。

とは言っても旅の疲れがあり、さすがに身体が重かったので、日本から持ってきた大量の荷物をバラし終えた瞬間に、ソファーで2時間くらいかな寝落ちてしてしまった。


熟睡の昼寝から目覚めると、ここは自分の家。

なんかホッとした。

やっぱり家が一番だな。


ゴールドコースト特有の、抜けるような青い空と強い日差しが、やっぱり恋しかったもんなぁ。

とゆうことで、昼過ぎに早速サーフィンへ。

午後12時39分がロータイドだったので、上げ込みを狙ってバーレーヘッズへ。


慌てすぎてピンぼけてしまった。


小波コンディション


ポイントでサーフするようなサイズがあった訳ではなかったんだけど、やっぱり最初はバーレーヘッズで入りたかったのだ。

ぼくが入る前は、サーフスクールがアウトまで出てきていて混雑しているように見えたけど、パドルアウトする頃にはすっかりいなくなってて貸し切り状態。



水温はちょっと上がったのかな。

さすがに石垣島に比べるとものすごく冷たく感じたが、スプリングを着ていれば全然寒くなかった。

波の方はモモコシのダラダラ。

たまにセットが入って、胸くらいのパワーのあるやつに乗れたりして楽しかった。

いつも海に持って入ってるGoProはどしたもんなのか、ライディング中に何度もエラーになってしまい、今日はいい映像が残らなかった。

テンションがぶち上りするような、ロングライドもあったんだけどね。

なので今日のベストライド動画はこれ


しょぼいのは分かってるが、ホームに戻ってきた嬉しさは伝わるのではないかな(笑)

太陽がギラギラと照り付ける芝生の上には、ビキニのおねぇちゃんたちも!

これだからバーレーヘッズはやめられないね。

夏本番まであともう少し。






キーワードで検索