【サーフボード】DHD Sweet spot 2.0を選んだワケ



ポイント、リーフブレイク専用のサーフボード


バーレーやキラのディープバレルをメイクしたくて、ずっとボードを探しているのだ。

そう、ぼくは自分のスキルを上げないでも、ボードが波に乗らせてくれると思っている節がある。

だから気になるボードを、タイミング次第ですぐに手に入れるようにしている。

波乗りと同じく、ボード選びと、それを手に入れるタイミングは重要だなって思う。

今回ぼくが手に入れたのは、DHDのSweet spot 2.0とゆうモデルだ。



Sweet Spot 2.0


スィートスポットトゥーポイントオーは、だいぶ昔はMFのロゴも入ったミックファニングモデルだったのだが、ここ最近はそのロゴを見かけなくなったね。

ぼくの中ではHippoのイメージが強いSweet spot 2.0なんだけど、リーフブレイクやポイントブレイクなどの、ちょっとサイズのあるいい波用ボードだと認識している。

去年までと、今年のデザインで大きく違うのは、これまでのフラットなボトム面に、テールロッカーとノーズロッカーを強くしている点だ。

それによってパフォーマンス性が向上し、同じDHDの中でもMFのDucks Nutsに近いようなデザインになっている。

フロント側に幅を持たせているのは、やはりテイクオフをよりイージーにするためだ。



そして深いダブルコンケーブによって、チューブライディングでもより早いスピードで抜けて行くが出来るようになった。

さらにクワッドフィン設定をすれば、チューブの中ではより加速するようになっている。

そして他のパフォーマンスボードと違うのが、デッキとボトムの両面にダブル4ozのグラスと、カーボンでフィン周りの強化もされている。



弱い部分が一切ないタフボードな仕上がりとなっている。

グラスが多く巻かれているのだが、しかしそれでも驚くほど軽いので、上手くやればでかい波でのリッピングも可能だろう(上手くやればである。ぼくのスキルではクルーズが出来れば十分だ)。



ぼくのボードのサイズは、 6'0 18'3/4 2'5/16 Vol 28.5L、これはハワイアンのウルボイと同じサイズだ。

ウルボイについては下の動画でチェック




サーフボードにこだわらないスタイル


ここ最近はずっとハイパフォーマンス系のボードから離れていて、ハンドシェイプの言わば1点ものボードみたいなものが好きだったのだが、また少し気持ちが戻りつつあるのかもしれない。

友人からは、「え?こんなボード買ったの?シングルフィンが好きなのじゃなかったのかよ!」とも言われたが、サーフィンって同じ波には2度と乗れないんだよ。

それなのに一つのスタイルだけにこだわるボード選びってのは、面白くないと思うんだよね。

昨日は重量のあるシングルフィンで、バーレーポイントのチューブに突っ込んでいたけど、でも今日になってみたらワールドベストなDHDで、スナッパーロックスのビハインドザ・ロックに挑戦したいなって思うんだよ。それでいいんじゃないの?

明日になれば、ツインフィンやフィッシュに乗りたくなるかも知れないし、色んなボードで楽しめればいいと思う。

DHDは前からちょいちょい乗ってて、やはり外れることなくいいボードばかりだった。

マシンシェープだったり、市場に出回るDHDボードにダレンの手が触れることなく出荷されていると噂されてても、パフォーマンス系での彼のデザインは最高級だと思う。それを証明しているのが、ミックやステフ、ヒッポーらのローカルヒーロー達だろう。

乗り手にワクワクさせてくれ、最高の思い出を数えきれないくらい持たせてくれるのだ。

この度ひょんなところから、DHD Sweet spot 2.0にご縁があったので、これからしばらくゴールドコーストのいい波のポイントブレイクは、このボードで挑んでみようと思っている。